最近のトラックバック

雑記

2017年11月12日 (日)

買い物

 団地は銀杏の黄葉の盛り。銀杏並木を通って、駅の近くのスーパーまで買い物に行った。久しぶりである。片道15分くらい。

Img_0355

 もうクリスマスの飾りつけをしていた。でも例年より地味な感じがする。

Img_0354

 9月の初めからほとんど外出できなかったので、浦島太郎の気分がした。スパーも品物の置き場所が、微妙に違っていたりして、はて、あれは何階にあったっけ、などと考えてしまった。しばらく重いものは持てないが、とりあえず普通に暮らせるのが、この上なくありがたいことだと思っている。




2017年11月 4日 (土)

黄葉

 毎朝、散歩することにしている。近所の銀杏が色づいてきた。いち早く黄色くなる樹と、いつまでも青葉のままなのとがあって、どうしてなのかなあと思ってしまう。ここは毎年、早くから色づくところ。ちょっとした広場で、子供がいつもボール遊びをしている。

Img_0334
(iPod touchで撮影。まだふつうのカメラが持てません。退院して2週間たっていないので、30分やそこいらは歩き続けられるが、あまり長くは無理。そろそろ買い物にも行きたいと思っているのですが、なかなか元のようになれません)

2017年10月31日 (火)

土鍋 

 大腸の手術をしたのだが、その後の食事制限は全くなかった。もっとも術後2日目は流動食、翌日は五分粥、翌々日は全粥という順序はあったが、おかずはあっという間にふつうになってしまい、蒟蒻やきのこ類まで出たくらいである。食事のたいへんおいしい病院で、これには感謝している。
 退院のときも「食べ過ぎなければ、何でもいいんですよ」。でもお粥に慣れてしまい、今でも毎食ではないが、主食だけこの土鍋で炊いている。ころんとした形の小さな一人用土鍋。しばらく世話になりそうだ。

Img_0330

2017年10月30日 (月)

藤沢周平と須賀敦子

 大きな病気で手術、退院して1週間である。こうしてパソコンに向かえるのが、不思議な気さえする。
 入院中は藤沢周平を読んでいた。暗い話が多いのに、病気でもなんでも、生きていていいのだという気持ちになれた。須賀敦子にも同じような感想を持つ。

 藤沢周平と須賀敦子、まるで関係ないようだが、実は接点がある。1997年1月の国立国際医療センター。2人はここに入院していた。知っていたのは須賀敦子だけで、違う階に藤沢がいることを友人への手紙に書いている。1月末に藤沢は亡くなり、須賀は同年6月にいったん退院、秋に再入院して翌年3月に亡くなった。2人とも60代末だった。今の私より若いのだ。

 藤沢周平は江戸時代を書いたのではなく、須賀敦子もイタリアを書いたのではないような気がしてならない。そうでなければ、死後20年を経た今でも、読者に生きる力を与え続けることはなかっただろうと、病後のボンヤリした頭で考えた。

R0061007
(近くのローズガーデン。まだ行かれませんが、もうじきでしょう。今日は風が強いですね)


2017年7月19日 (水)

熱帯夜

 Img_0291

 あまりの政治情勢の悪さに、テレビのニュースやバラエティ番組を見る気がしない。かといって、夜は長い。

夫と観るツールドフランス熱帯夜〉   こはる

 フランスからのライブ。日本は夜中なので、iPod touchで撮ったがあまりきれいでない。華やかな雰囲気が出なくて申しわけなし。撮影はまた試みてみます。

Img_0292





2017年7月17日 (月)

暑中

 東京は連日の酷暑で、梅雨はどこかに行ってしまったとしか思えない。朝8時にはもうこんな具合。

P1050811_2

 買い物も省略、生協の配達に頼っている。クーラーはつけっぱなしだ。夜になるとクーラー疲れを感じる。ずーっと昔は東京でも、夜は蚊帳を吊り窓を開け放して寝たものだった。

盗まれるものなき幸せ蚊帳を吊る〉  こはる

 octpus11さんの真似をして、新聞の俳壇をよく読むことにした。自分には作れそうもない句を、ノートに写しておいたりしている。月曜日のささやかな作業になった。あとはなるべくプールに行って、なるべくゆったり泳ぐのが、毎年の夏の過ごし方になっている。


2017年7月10日 (月)

ドレッシング・ボトル

 これはここにときどきコメントをくださる、のりこさんの紹介である。ハリオのガラス製のドレッシング・ボトルで、のりこさんのブログhttp://choi-dora.cocolog-nifty.com/にもあるように、液ダレすることなく、大きさも120ccと手ごろ、掃除もしやすいという優れもの。格好もいい。サラダとカツオのカルパッチョにさっそく使ってみた。ちょっとした使い勝手のよさが、とてもうれしい。のりこさんに感謝である。

Dsc00835

 小さなレシピ本が付属している。ドレッシングのレシピ12に、その応用レシピが20、極端に個性的なレシピでないところが、またいい。ちなみに今、写真のボトルには、酢・オリーブ油・塩コショウ・砂糖に乾燥バジル粉が入っているだけだが、これでも市販のものよりはおいしいと家人は言った。4~5日で使い切って、また別のものを作ろう。

2017年6月28日 (水)

喫茶店

 本格的に暑くなる前に、買い物をしておこうと、池袋に出た。買い物といっても味噌とか紅茶など、近所では買えないメーカーの日用品ばかりだ。昼時にかかったので、紅茶専門店でランチ。ひとりでゆっくりおいしい紅茶、ぜいたくをした気分になった。

Img_0261
(英国ふうのクラブハウス・サンドイッチに、紅茶はアッサムをミルクティーで。どちらも、とてもおいしかったです)

2017年5月 7日 (日)

春の旅へ

 明日から数日、奈良に行ってきます。iPad miniを持っていきます。迷子にならないように・・・。このガイド本には出発地・行先別にバスダイヤが乗っていて、とても便利です。お天気が悪くなりそうなので、どこへ行こうか思案中。

R0061388

2017年4月28日 (金)

都立大学駅

 主治医が東横線の都立大学駅前に、クリニックを開いたので、診察を受けに行く。関節リウマチでずっとこのお医者さんの世話になっているのである。長いこと、下北沢にあったリウマチ専門病院の福原病院=下北沢病院に通っていた。かれこれ20年。場所が変わって初めてここへやってきたのです。練馬からはかなり遠い。

Img_0101_2

 ここは知らない場所ではない。不思議な縁だが、私は子供時代をこの駅の近くで過ごした。サレジオ教会の庭で、日が暮れるまで遊んだものである。もちろん、駅の近くに当時の面影はない。それでも遠いわりには、気楽な気分でやって来られたし、クリニックを探して迷うこともなかった。
 お昼はクリニックのすぐ近くに、イタリアンのお店があったのでそこにする。

Img_0099_2

 本日限定5食の、海老とベーコンのクリームソースのパスタをいただきました。とてもおいしくてびっくり。クリニックには定期的に来るので、またここで食べることにしよう。

(カメラはiPod touch。小さなスマホに似た器材です。ルーターがないとネット接続ができませんが、88グラムと軽く、写真もなかなかよく撮れて、これではコンデジが売れなくなるわけだと思いました)








より以前の記事一覧

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ