最近のトラックバック

雑記

2018年5月26日 (土)

紫陽花の季節

 ここは向山庭園。母のいる施設から徒歩5分くらいのところにある、区立の小さな日本庭園で、四季おりおりの花が咲く。これからは紫陽花と百合だ。

Img_0275

 母がもう少し元気だったころは、よくここまで散歩した。ちなみに外出自由なホームである。でも今はもう来られない。来ることは二度とないだろう。94歳なのだから仕方ないし、むしろ今までよく散歩できたと感心するくらいなのだが・・・。時間ばかりが流れていく。

2018年5月24日 (木)

「あ」も読めない・・・

 近所で開かれている古文書の会に出た。江戸時代の版本の歳時記を読んでいる(正確には明治初期)。私が翻刻した部分。

Img_0009mini_2
 こまひき 主上御庭に幸阿り騎射の進退御覧ず

 これがなんと、「阿」が読めなかった。「あ=安」だと思い込んでいたせいである。現在の「あ」の字は、「安」からできたものだが、明治以前というか少し以前まで、「阿」や「愛」、「悪」まで、「あ」と読んでいたのだ。知識のなさを嘆くと同時に、字の多様性を強く感じ、政府の統制によって字が制限されてきたのを、改めて実感した。常用漢字なども、この統制の流れの上にある。

 私は校正を仕事としてきた。送り仮名を統一し、漢字も常用・人名漢字に直すのが仕事だった。一方で著者の字遣いを尊重するという考えも、むろんあったのだが、それは日本語表現の多様性を保つ意味もあったのだと、古文書の会に出て思うようになった次第。




2018年5月23日 (水)

脱力系ゆっくり

 ときどきプールに行くことにしている。あまり調子がよくなくてもだ。リウマチを20年近く患っているが、よほどひどくないかぎり、プールに行ったほうが調子がよくなるからである。
つい先日はバタフライのキックの練習。サイド・ドルフィン・キックで、真横を向いた姿勢で両足をそろえてキックを打つ。体に力が入っていると、沈んで苦しい。若いオニイサンのコーチが言ったのが、「脱力系ゆっくり」。なるほど、これいいです。水泳に限らずいいかも。

Img_0006
(我が家の庭に今朝、咲いているバラ。まだまだ咲きそう)

2018年5月19日 (土)

泰山木

 泰山木が咲いていた。近所の公園で、背の高い樹である。花がわりに下にあったので、散歩の友のスマホで撮影。あまりに高いところで咲くと、だれも気づかないですよね。

Img_00022

 最近、脚がすごく弱った。たぶん去年の秋の入院・手術と、冬の寒さ、春の花粉症のせいで、あまり歩かなかったのがたたったに違いない。プールではみなさんと同じように泳げているが、駅まで泳いで行くわけではないのだ。
そこで少しウォーキングをすることにした。わざと階段のある場所を選び昇降、これを数日繰り返しただけで、脚の痛みがなくなったのにはびっくり。リハビリは水泳だけではダメだったのだ!
 あまり暑くなると、また出かけない生活になる。陸上生活によくない。どうしたものだろう。真夏でもタオルを首に、せっせと歩いているシニアには、よくお目にかかるのだけれど・・・。

2018年5月13日 (日)

旅の記念

 奈良の旅は2泊3日だったが、晴れたのは最後の日だけで、ずっと寒かった。ステロイドを全廃したので、常にどことなく体が痛み、のびやかな旅行とはいかず、もう遠出は無理なのかもしれないと思ったりした。大腸は何ともなかったけれど。

 晴れた最終日には、西大寺と秋篠寺に行った。晴れると調子がよくなり、すたすた歩ける。秋篠寺は遠い昔に来たことがあるが、その時はすぐ近くに、陶房があるとは気づかなかった。「秋篠焼」という。大きめの湯飲みをひとつ、記念に買った。

Dsc01001

 陶房主人の今西方哉氏は2代目で、父上の今西洋氏が昭和10年に、この地に窯を開いている。洋氏は人間国宝・近藤悠三氏に染付を学ばれたそうだ。そういえばこの湯飲みには、近藤氏の作と共通したものを感じる。

 隣の埴輪の形をした黄色いストラップは、橿原考古学研究所オリジナル。當麻寺の帰りに寄ったところである。とってもかわいいので、お土産用にいくつか入手した。

2018年4月 8日 (日)

タケノコと圧力鍋

 タケノコがやって来ると大忙しだ。なるべく早く茹でなければ、味が落ちるから。そんなわけで、いつもはガス台の下にしまってある圧力鍋が登場。

Image1
 ラゴスティーナの5リットルタイプ、30年以上使っているのだが、2人暮らしになってから、使うのはもっぱらタケノコを茹でるときばかりになった。久しぶりに蓋を開け閉めしたら、ものすごく力が要って閉口。あれ? こんなに腕力がなくなったのかしら。どころが、後で夫が掃除したら、簡単に開閉できる。要するにてっぺんのハンドルの周辺に、ゴミだの油だのが固まっていただけらしい。手入れ不足を反省。

 タケノコはまず炊き込みご飯にして、先日堪能した。うちで茹でたものは、香りがよくて歯ごたえもシャッキリ、余りは土佐煮と若竹煮、味噌汁にと、1週間くらいは楽しめる。

Img_0485
(ラゴスティーナの写真はAmazonから拝借しました。筍ご飯は先日、写真に撮る前に食べてしまった。昨日は簡単な煮物、これは一人分です)


2018年3月29日 (木)

平日の花見

 団地には公園がたくさんあるが、うちの近所は駅から少し遠いので、土日でも花見客で混雑するようなことはない。今日のような平日など、静かなものだ。

Dsc00846

 うちから駅に向かう途中は、桜並木になっている。

Img_0478

 人込みに出るのは最小限にしている。リウマチはもともと、わりにいい状態で来ていたが、飲んでいる薬は多かった。たまに手の指が腫れたり、肘が痛んだりしていた。薬が替わってからは、どこも腫れなくなったが、手首から先がかすかに重い。20年近く飲んでいたステロイドと、つい最近、絶縁したからかなあ。
 薬の変更は、新しい主治医に強く勧められたからである。「治療がうまくいっているほど、薬を替えにくいものです」と、まことにもっともなお話。「副作用は出てからでは遅い」とも。長く飲んできた抗リウマチ薬の、MTXが替わるのも、もうすぐだ。リウマチの主治医が替わって2ヵ月、今は移行期なのである。

 体重が増えつつあり、脚が重く感じる。あれ?

花巡り老母小声でどっこいしょ〉   こはる




2018年3月27日 (火)

庭の花たち

 しばらくぶりに庭を観察、7坪ほどの笑ってしまうほど狭い庭だが、春咲きの球根がたくさん花をつけていた。

P1050824

P1050827

 上は水仙の原種に近いといわれている花、白い鈴のような形をしているのはスノーフレークである。いつ植えたかも忘れるほど、以前からの住人。下のはチューリップで、これも華やかな種類ではない。水仙もチューリップも、大きくて派手な花をつけるものは、公園などでいくらでも見られるので、あえてこういう矮小種を選んだ。春をつつましく教えてくれる。

 団地の1階なので庭があるのだが、庭は賃貸料を払っている(家というか部屋は自前です)。これが家の管理修繕費とはけた違いに安いので、たまに理事会で問題になるのだとか。でも自分の庭でないと自覚しているから、やたらに掘ったり植えたりしないのである。まさか部屋を増設したりしません。

 椿がまだ咲いている。ヒヨドリやメジロに食べられないうちに一枚。
P1050828

 片隅ではローズマリーが咲いていた。咲かない年もあるのだが。
P1050831

(カメラはミラーレス一眼、マクロレンズを使いました。大きなカメラは持てなくなりましたが、自分のうちの庭なら何とか)








2018年1月20日 (土)

大寒のシクラメン

 シクラメンは毎年、濡縁に出しっぱなしにしている。このままで5月まで咲き続け、数年は持つのだが、今回は去年の11月に買い替えた。日当たりがいいのが気に入っているのか、大寒の寒気にさらされても平気らしい。
 今回のシクラメンの鉢には、こんな札がついていた。

R0061522

 今日はやや「寒すぎ」らしい。シクラメンは、建てつけの悪い家の南向きの廊下が好きで、暖かいマンションの窓辺などは好かないと、聞いたことがある。あまり過保護にしないで、外に出しておいたほうがいいみたいだ。

R0061521
(一日おきに水をやり、ときどき花柄摘みをすれば、えんえんと咲き続けます。東京の冬はそんなに寒くないということなんでしょうね)


2018年1月 6日 (土)

コゲラ

 寒さが続くと、うちの庭にやってくる。『野の花散歩図鑑』(長谷川哲雄・築地書館)の秋冬編によると、

Img_0426

 ちゃんと撮れなかった。わかりにくくて申しわけない。たしかにあたりには、シジュウカラの群がいた。

Dsc00702_2

 キツツキは秋の季語。でも冬の裸木にならないと、見つけるのは難しい。この木はリンゴ。ちゃんと実がなります。

啄木鳥の叩く木の音空の音〉   今村七栄

段だらの背中小啄木鳥のまた来る〉   こはる

より以前の記事一覧

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ