最近のトラックバック

読書メモ

2017年3月15日 (水)

『俳句の海に潜る』  中沢新一・小澤實  角川書店

 帯には「俳句はアースダイバーの文芸である」とあって、少し毛色の変わった本である。まだ前半しか読んでいないのだが、中沢節が全開で、彼が好きでない人には、ついて行けないかもしれない。

〈中沢 もしも俳句が時代に添って詠まれていくものであったとしたら、俳句じゃないじゃないですか。俳句は常に、今、ここにいる人間の外に行って、鳥になったり、動物になったり、死者になったりするわけだから。今、ここにある現実の中に一緒になっていって、それを言語化して「サラダ記念日」みたいになったら・・・それは俳句じゃないと思う

 中沢は俳句に潜むアミニズムを強調したいようである。それが現代日本に潜む古代的なものにつながると言いたいらしい。
 かつて村上春樹が、「結局、自分は今の日本を、現代的な都会の日本と、その底に流れる暗い古代を書きたいのだ」という意味のことを、どこかに書いていたが、思わずそれを連想した。もちろん私は中沢も村上も好きである。

〈中沢 和歌と俳句はどこが違うか。和歌は秩序を作る権力と一体で、その原理を壊さないで行われる芸術行為です。ところが俳句は、連歌もそうですが、結社の芸術です。つまり秩序を作っている意識から離脱して、自分の生存条件を限りなく自然に近づけていったところで発生する詩で(後略)、俳句自体が結社、こういう結社性を取り除いたら俳句はないと思います

 これも異論が出そうだ。困ったことに、俳人の小澤實が反論らしいことをしていない。今の結社が権力的でないとは言い切れないような気がするのだが、中沢は現実の結社とは違う次元の話、たとえば集合的無意識などを語りたいのだろうか。対談はここからまた別なところに流れて行く。

P1050776
(中途半端ですが、書評ブログを書くほどの腕はないので、ご勘弁を。続きはもちろん読みます。いずれまた)

2017年2月12日 (日)

『考古学崩壊──前期旧石器捏造事件の深層』  竹岡俊樹 勉誠出版(2014)

 読むきっかけは、以前にこのブログで紹介した中公新書の『ヒト』(島泰三・著)だった。日本人がいつごろ列島に来たのか、そしてそれはどういう人だったのかを知るには、石器の解析が欠かせないことを、そこで知ったからである。そして2000年のあの捏造事件。この本の著者は、あの事件の告発者である。事件後13年たって、ようやく自分の知るところを書く決心をしたそうだ。

旧石器時代研究は困難であるが、人類の二五〇万年の歴史、私たち人間がどのように成立したのか、どのような存在であるか、を知ることができる唯一の学問である。学問自体は極めて有望、そして有用である。人生をかける価値は十分にある

〈(私の論点は、ホモ・エレクトスが作るものは彼らの生物学的特質によって規定され、ホモ・サピエンスの作るものとは異なる。(中略その観点から見ると、(捏造によって)日本で復元された原人の姿は、これまでの先史学・人類学が積み重ねてきた成果に反し、ホモ・エレクトスの概念からはるかに逸脱している

 捏造は認められ原人ブームは去ったが、事件の責任は曖昧なままで、現在の著者は、日本の学界では不遇だと聞く。今でもあの事件の影響は残り、石器時代の話がときに眉唾のように感じるのは、私だけではないだろう。学問としての旧石器研究はどうあるべきなのだろうか。著者も言うように、文系だけに収まるものではなさそうだ。

R0061265
(amazonのレビューにもありましたが、地の文と引用分とが見分けにくく、読みにくさにつながっています。著者の責任ではなく、編集・組版のせいでしょう。一読の価値があるおもしろい本だと思います)

2017年1月29日 (日)

『辺界の輝き』  五木寛之・沖浦和光  ちくま文庫

 最近の五木寛之は、歴史家・思想家の趣がある。この本も、海や山で旅に生きた人々の築いた生活と歴史を、仏教思想や差別民問題をからめながら、社会思想史家の沖浦和光と自由に語り合っていて、とてもおもしろかった。五木は北九州の山地の出身、沖浦は瀬戸内の海の出身だそうである。2人の子供のころの思い出を聞くだけでも、日本にもいろいろな社会があったのだとわかる。

 私は東京の市街地で育ったので、山も海もよく知らない。父方は山陰の医者や神主などの一族の出身だが、母方は海を思わせる苗字で、三重の門徒、祖父は僧侶だった。この本を読んで、母方の一族が海に関係があった可能性に、初めて気づいた。海の民には門徒が多いのだそうである。家系図では、男系ばかりたどろうとするから、わからなくなってしまうのだ。

五木 日本社会の差別構造の中で、ともするとわれわれは、単純に「差別する側」と「される側」と二つに考えている。けれども、実際は複雑な重層構造になっていて、差別の鎖というか、そういう絡みあいの中に、今も現実に生きている人たちがいる

R0061263
(五木氏には、引き揚げ者だったという思いが、とても強いのだと思います。この本の表紙の写真は瀬戸内海。中扉の次のページには、鞆の浦を歩く著者2人の写真があります)

2017年1月 5日 (木)

『つるかめ食堂──60歳からの健康維持レシピ』 ベターホーム出版局

 このところ、出かけると夕方疲れてしまい、食事の支度が億劫になることが続いていた。おまけに食べ過ぎると気分が悪くなる。あきらかに以前より、食べられなくなってきているのである。どうしたものか?

R0061240

 よく回らなくなった頭を抱えて、この本の助けを借りることにした。もともと大食ではないので、気をつけるべきは、むしろ低栄養である。しかし私の母はずっと貧栄養だったのに、92歳で自立歩行。人間の体って、どうなっているんだろうかと思うことがある。話が逸れた。

 「おいしければ、一汁一菜でも満足できるものである。二菜目や三菜目が欲しければ、酢の物・和え物・漬け物・煮豆・など、煮炊きしないものにすればいい」(大意

 基本はこれ。誰でもやっていることだ。この本には、昔作っていたものをアレンジすれば、できそうな料理がかなりある。ただ昔のようにバブリーでないだけで、油や内臓などは控えめ、「食べたら動く」なんていう忠告もついている。早速、自分の料理ノートに書き写す(台所の引き出しに、メモ帳が一応あるのです)。「つるかめ」とは、シニアの総称らしい。

(昨晩はおでんでした。25センチの浅鍋にいっぱい作り、2人で完食。出汁は自家製で、合わせ調味料は使いませんでした。うちには○○の素の類がほとんどなくて、娘によく文句を言われます・・・)

 

2016年12月30日 (金)

年末年始の2冊

 『新編 洛中生息』(杉本秀太郎・ちくま文庫)は何となく手にした本で、あまりきれいでない中古だったが、読み始めたら無類におもしろかった。杉本氏は2年ほど前に亡くなってしまったが、京都の「杉本家住宅」の当主だった人である。町屋の暮らしをユーモアたっぷりに、しかも滋味あふれる文章で書いた、エッセーの名品として名高いものだ。

近ごろ、私の季感は鵯によって明確にされる。この鳥に対する嫌悪を介して、私の季感が形を帯びるのである

 今から40年ほど前に書かれた文章。当時からすでに京都の町は荒廃していて、鵯(ヒヨドリ)のような卑しげな野鳥が、町屋の庭にまでやってきて、花や実を食い荒らすと、杉本氏は憤慨しているのである。鵯はうちにもよく来て騒ぐ鳥なので、おかしくて笑ってしまった。この一文は初冬を描いたもの。私はこうした地味で古めかしい文章が好きだ。この人のものをもう少し探して、読んでみようと思った。ちなみに本業はフランス文学者。

 もう一冊の『俳句と暮らす』(小川軽舟・中公新書)は新刊で、この著者は私の古文書解読の先生の、俳句の師匠である。帯に「平凡な日常が、かけがえのない記憶になる」とある。紹介されている下の一句は、阪神淡路大震災のときのもの。

寒暁や神の一撃もて明くる〉 和田悟朗

 平凡で穏やかな日々を過ごしたいものだ。

P1050742
(皆様、お元気で良い年をお迎えください。来年もどうかよろしく)

2016年11月27日 (日)

白川静先生

 遠い昔、仕事で白川先生にお目にかかったことがある。30年近く前で、先生は80歳くらいだった。小柄でしっかりした体つき、目が黒々と輝き、オーラがあった。事典の甲骨・金石文関係項目の、内容チェックをお願いしたような気がする。頼りないオバサン編集者に、先生はとても優しかった。
 この3冊は文庫本だが、ものすごく厚くて読み応えがある。いちばん読みやすいのは『回思九十年』、先生90歳を記念して出された回想記と対談集である。あとの2冊の『文字逍遥』『文字遊心』はエッセー、3冊とも平凡社ライブラリーに入っている。ゆっくり楽しんで読みたい。

漢字が教育の妨げとなり、人の思索や創造力を弱めていると考えるのは、大きな誤りである。努力しないで習得される程度のものが、すぐれた文化を生むと思うのは、横着な考え方というべきであろう

 現代の日本語教育には危機を感じておられたようだ。

R0061233
(足を痛めて外出できない日が続いています。11月は俳句の会の吟行や、高校時代の仲間と出かけたりなどが続き、そのうえ補聴器の試聴に通ったりしているので、どうも足を酷使したらしい。もともとかなり健脚でした。リウマチになり大けがをしたのに、以前の習慣というか感覚が、なかなか改まりません。嘆かわしい・・・)

2016年11月16日 (水)

『武州公秘話』 谷崎潤一郎 中公文庫

 近所のBook Offで見かけて買ったもの。たしか須賀敦子が、イタリア語に訳したはずである。どうしてこんなに日本語の極北みたいな時代小説を、イタリア語に訳せて、イタリア人に感銘を与えることができたのだろう。不思議に思うばかりである。
 この小説は昭和6年から「新青年」に連載され、木村荘八の挿絵がついていた。中公文庫にはそれがそっくり載っているのも、楽しみのひとつ。内容は戦国時代を舞台にした伝奇的なロマンで、ときに薄気味悪いが魅力があり、ドキドキしながら読んでしまった。取り憑かれたらどうしよう・・・。

P1050719_2
(須賀敦子が谷崎潤一郎から、文章のうえで大きな影響を受けたのは、確かだろうと思います。『細雪』などからもそれを感じます。谷崎は東京・日本橋の生まれなのですが、関西がほんとに好きだったのですね)


2016年10月 3日 (月)

『鷗外の坂』  森まゆみ 中公文庫

 1996年に単行本が出たそうだから、ちょうど20年たっているわけだ。著者の森まゆみは今62歳くらい、彼女は40代に鷗外に取り組み、この鷗外伝を書いた。大きな対象に奮闘した著者の姿が伝わってきて、とても読み応えがある評伝になったと思う。
 鷗外の日常生活が出てきておもしろい。とくに夏の曝書は、一家総掛かりで行う楽しい行事だったそうである。また晩年までドイツ語の本を、よく読んでいたらしい。鷗外は2回、結婚したが、その間の10年ほどは母の勧めで、近くに妾を置いていたというのは知らなかった。母と再婚した妻とがうまくいかなかったのは、あまりにも有名な話である。
 鷗外は「微笑の人」というのが、この本のいわば結論である。よき父親で4人の子供をとてもかわいがった。再婚した妻も大事にした。暴力亭主だった夏目漱石とは、ずいぶん違うものである。
 ちなみに鷗外は、明治29(1896)年、一葉の棺に騎馬で従おうとして遺族に断られ(目立つから)、大正5(1916)年の漱石の葬式には列席している。亡くなったのは大正11(1922)年の7月、61歳だった。

P1050718
(鷗外は19歳で、今の東大医学部を卒業〈入学ではない〉して、軍医になり後に栄達を極めました。いつも多忙で、生き急いだ人生だったように見えます。団子坂上にあった眺望のいい家は、今は森鷗外記念館です)

2016年9月29日 (木)

『楽 シニアごはん』

 もうじき10月だというのに、蒸し暑い日が続いている。最近、食事の準備を負担に感じることが出てきた。ずっと共働きで何十年もやってきたので、仕事をリタイアしてから、時間のある中でのささやかな料理は、むしろ楽しかったのだが・・・。
 こんな本を見つけた。帯の優しい文章に惹かれた。

P1050715

 一品だけ、おいしいものを工夫して、あとは長年の経験で流す。これでいいのかもしれない。ちょっと気が楽になった。

 (ちなみに昨日の夕飯は、アジの酢の物、トウガンのスープでした。アジは魚屋で選んだのを三枚におろしてもらいました。以前は自分で何匹もおろしたのに・・・)

2016年9月20日 (火)

『縮刷 一葉全集』  馬場孤蝶編 博文館 1925年刊

 今から90年ほど前に出た1冊本の全集で、縦18センチ・幅10センチ・厚さ4センチの小さな判型ながら、1256ページもある。内容は日記・小説・通俗書簡文・随筆と、全集の名にふさわしい。もちろん古書で背の色は褪せているが、触って壊れそうなほど酷い状態ではない。またかなり出回った本なので、古書としてそんなに高価でもない。
 
P1050711

 もともと明治45年に出た2冊本の全集を縮刷したもの。このときの売りは、「一葉の日記が公刊された」ということだった。小説だけの全集は、一葉の死後すぐに出ていて、校訂は斎藤緑雨である。
 一葉自身は明治29年に亡くなったが、日記はずっと妹の邦子が持っていた。早くから本にしたいという意向があったらしいが、日記にはさまざまな人のことが書かれており、悪口としか言えない内容も多い。孤蝶は日記を出すにあたって、関係者にいちいち了承をとってまわった。そのあたりのことも含めて、後書きにあたる「一葉全集の末に」に思い出話として書いている。要するに「日記は一葉の主観なので、それが真実とは限らない。一葉は優れた作家で、この日記は時代の証言としても意味があり、埋もれさせるわけにはいかないのだ」云々。
 馬場孤蝶は1940年まで生きて、英文学者として周囲の人に慕われたそうである。この後書きを読むと、しみじみそうだろうなあと感じる。
 
P1050712
(見返しの絵がモダンで、まるで私の住む団地みたいです)
 

より以前の記事一覧

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ