最近のトラックバック

books

  • 前田耕作: 『玄奘三蔵、シルクロードを行く』 

ウェブページ

日記・コラム・つぶやき

2020年8月 2日 (日)

8月

8月になってしまった。子細あってブログの更新があまりできないが、本人は元気である。コロナ感染者はますます増大、気をつけながらなるべく近所で、用が足りるように工夫している。

先日、杉並区に住んでいる娘夫婦が、コロナの疑いでPCR検査をした。障害者のせいかもしれないが、検査は迅速、結果も翌々日には連絡してくれたそうである。陰性。ほっとした。娘たちはまだ40代だが、それでも繁華街などには行かないと言っている。だいたいが群がって騒ぐタイプではないから、ほんとにそうしているのだろう。

近所の公園が混み始めた。長すぎた梅雨が明けて、人工川は子供たちでいっぱい。

4304e927914a40459e614ecd791ad1fb

近くの緑陰の道は、私のいつもの散歩する所。感染拡大の歯止めがかからない夏になりそうで、シニアも適当な運動が必要、何とか工夫して過ごしていこう。

長編『チボー家の人々』13巻が、いよいよ最終巻に近づいてきた。第一次世界大戦で変わってしまったチボー家の面々、戦争突入を描いた「1914年夏 1〜4」は反戦小説で、今でも色褪せない魅力がある。1937年ノーベル賞受賞。全巻を通して死の描写が多く、また迫力がある。カトリック系の学校では禁書とされていたと聞くが、もっともかもしれない。読み終わっったら感想を書いてみたい。

 

 

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ