最近のトラックバック

books

  • 前田耕作: 『玄奘三蔵、シルクロードを行く』 

ウェブページ

« あっぱっぱ | トップページ | 久しぶりの句会 »

2020年9月18日 (金)

『霧の彼方 須賀敦子』  若松英輔  集英社

 

須賀敦子の評伝。

著者の若松英輔は1968年生まれ、須賀敦子より40歳近く年少で、面識はない。1998年に亡くなった須賀を扱った本は、いまだにたくさん出ていて、私も何冊か読んでいるが、たいてい生前に交流のあった人の著作で、作品を論じながらも、思い出も多く語られている。しかしこの著者の場合は違う。縁はカトリック信仰だけといっていい。でもそれだけで、500ページ近い大著を吸い込まれるように読んだ。

私はキリスト教はほとんど知らない。だから須賀のエッセイも、イタリアの思い出話だと思って読んできた。でもこの本を読むと、それは須賀のほんの一面を表していただけで、むしろ信仰の海に浮かんだ小舟のような小品たちだったのがわかる。

須賀は死の直前に「やっと書きたいものが見つかった。いままでものはゴミみたい」と言ったそうである。しかしその書きたかった長編「アルザスの曲がりくねった道」は、わずかな草稿が残るだけで、書かれずに終わった。

須賀敦子の根底を語る評伝として、これからも残る本だと思う。また続きを書きたい。

537db7988eb949dda551a149c9fe52d0

(ここ20年、調子の悪いときは、いつも須賀敦子を読んで、凌いできました。濃い死の影を感じる作品ばかりだけど、それでも力づけられてきたと思います。子供の病気、自分の大怪我と大病、母の死んだときなど、ずっとそうでした)

 

« あっぱっぱ | トップページ | 久しぶりの句会 »

読書メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あっぱっぱ | トップページ | 久しぶりの句会 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ