最近のトラックバック

books

  • 前田耕作: 『玄奘三蔵、シルクロードを行く』 

ウェブページ

« 向日葵 | トップページ | 『霧の彼方 須賀敦子』  若松英輔  集英社 »

2020年8月19日 (水)

あっぱっぱ

暑い。近所のプールに水遊びに行った。水温が32度もあって、長く泳がないほうがよさそうなので、歩いたり潜ったり飛び跳ねたり。いつもの仲間に会って元気を確かめ合う。

この地元のジムは高齢者も多い。今日はついにアッパッパ姿の方に会った。懐かしい昭和の簡易服。昔は自宅にクーラーがなく、母たちは自分で縫った簡単なワンピースを着ていたものだ。今はクーラーをつけ、それなりに着込んでいたほうが、健康にはいい。

デパ地下をわがもの顔であっぱっぱ〉  小雀の宿さん

私はといえばプールには、太めの綿のパンツに、ブカッとした麻のチュニック、ツバの広い帽子をかぶり、何だかスナフキンのようだ。水着などはリュックに入れている。

02bb4441417943e6b4322b4443c1f9c6

 

 

« 向日葵 | トップページ | 『霧の彼方 須賀敦子』  若松英輔  集英社 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

アッパパ、懐かしいですね。そういえば朝日俳壇にーホンコンシャツといふものありき遠き雷 加藤正文ーというー句を読みました。そんなものもありましたね。お元気でプール通い、何よりです。

いつまでも暑いですね。お元気でしょうか?
3レーンしかない小さなプールなので、温度調節がうまくいかないらしいのです。
真冬はゾッとするくらい冷たいこともあり、これは泳ぎ出せば何とかなります。
真夏の温泉プールは、ちょっとねえ。

あっぱっぱ
なんて言うように呼ぶのですね
僕の母はなんと呼んでいたかなあ

簡易的な着物、、みたいなのがあって
「xxx」と言うんやけど
と話していたのが その「あっぱっぱ」やったかな

水で遊ぶと気持ちいいでしょうねえ

子どものころには水遊びをしましたが、
僕は泳げないのでプールというものに入ったりしたことがなく
(学校にもプールはなかったですし)
魚捕りに行って滑ってこけて涼しい思いをした思い出くらいです

暑さ もうひと頑張りですね

来週は9月なんですよね。暑いことです。

あっぱっぱと呼ぶのは、袋みたいな簡易服です。
明治生まれの祖母は。浴衣から自分で縫って着ていました。
涼しいと喜んでいましたっけ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 向日葵 | トップページ | 『霧の彼方 須賀敦子』  若松英輔  集英社 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ