最近のトラックバック

« 『美術の力』  宮下規久朗  光文社新書 | トップページ | ルリビタキ »

2018年2月24日 (土)

『がん──4000年の歴史』上下  S・ムカジー/田中文・訳  ハヤカワノンフィクション文庫

 原題はThe Emperor of All Maladies──A Biography of Cancer。上下2巻、800ページを超える長編で、ピュリッツァー賞を受賞している。Amazonのレビューの評価も非常に高い。でも、とにかく長かった。長すぎると私は思う。4000年にもわたる癌の伝記ということだが、実際には19世紀の末ごろからの癌研究史で、素人が今に役立つ知識を得ようとするなら、下巻の200ページ目くらい、染色体の話が本格化するあたりから読んだほうがいいのではないかとさえ思った。もっとも、この長大な記述の中に、癌の複雑さや不可解さ、怖さが存分に出ているわけで、一を聞いて十を知るどころか、百を聞いても一さえおぼつかない高齢の私などには、話がおもしろいだけ、よかったとも言えそうだ。

がんはわれわれのゲノムに組み込まれている。無制御な細胞増殖を引き起こす遺伝子は、生体にとって決して馴染みのないものではなく、生命維持に不可欠な細胞機能を担う遺伝子の変質した、ゆがんだバージョンなのだ。(中略)ヒトという種の寿命が延びるにつれて、悪性の細胞増殖が避けがたく解き放たれてしまうのだ

 以前に、スーザン・ソンタグの闘病を息子が書いた本(『死の海を泳いで』D・リーフ著 岩波書店)を、読んだことがあるのを思い出した。ソンタグは40代で進行した乳癌を患って克服、それから約20年近くたって子宮肉腫を患い、これも化学療法を駆使して克服した。それは彼女の誇りになっていたはずだ。そして70代になって骨髄異形成症候群になり、72歳で亡くなった。このムカジーの本にはそのことが出てきて、彼女はおそらく前の2回の化学療法が原因で、骨髄異形成症候群になったのだろうと書いている。治療が新たな癌を呼ぶ・・・、癌の治癒とは何なのだろうと、一人の術後患者として、考えないではいられなかった。

Dsc00806
(実はまだ最後の2割を残しているのですが、疲れすぎないうちに・・・。この本を教えてくださったのは、まちこさん。感謝です)

追記 無事に読み終わりました。上下で800ページを超える長編でしたが、おもしろかったのです。21世紀になって、分子生物学の進歩とともに、癌の正体が解明されてきたのに、治療がなかなか思うようにならないというのが、現状なんですね。暗い本ではなく、闊達な新聞記事のようで、非常に読みやすいです。

« 『美術の力』  宮下規久朗  光文社新書 | トップページ | ルリビタキ »

読書メモ」カテゴリの記事

コメント

こはるさん
長い本をご紹介してしまいましてcoldsweats01

私が22歳で甲状腺がんの診断を受け、東京の病院で入院・手術したとき、同じ近代文学専攻の先輩から「100年前、いや50年前でも助かってなかったよ」と慰められました。
そのとき、親世代の乳がん患者さんと同室でしたが、のちに自分が乳がんになってみると、その頃はなかった診断法・治療法が登場していて、がん研究・治療の背景には、ムカジーが書いているような多くの人々(患者さんを含む)の奮闘があったのだと思えました。
乳がんのハルステッド手術がすっかり「古典」となったように、副作用の多い治療が「古典」となる日がいつか来ればと思っています。

私の母は60年代半ばに、乳癌の手術を受け、放射線治療もしました。
手術は大きなもので、あれがたぶんハルステッドなのだと思います。
母の心身に大きな傷を残し、母は変わってしまったと思います。
50年も前のことです。
母は今93歳、手術の後遺症の腕のむくみを嘆きながら、
ホームで今も暮らしています。

長い本でしたがとてもおもしろかったです。
今までの飛び飛びの知識が、線になって理解につながっていくような気がします。
ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548051/66428667

この記事へのトラックバック一覧です: 『がん──4000年の歴史』上下  S・ムカジー/田中文・訳  ハヤカワノンフィクション文庫:

« 『美術の力』  宮下規久朗  光文社新書 | トップページ | ルリビタキ »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ