最近のトラックバック

« 老人ホーム | トップページ | 体調不良のため、少しお休みします »

2017年8月21日 (月)

『免疫の意味論』  多田富雄  青土社

 20年ほど前に出た免疫の名著。そのころ私は、関節リウマチを発症したばかりで、免疫について知りたくて読んだ。とてもおもしろかった記憶があるが、理系ではないのでよく理解できないことも多かった(今でもそうです…)。
 20年たって、また読み始めたのには理由がある。私のリウマチはよくなったが、なぜか周囲にシニアの患者が、何人も出てきたのである。原因はいまだに不明なはずだが、どうしたというのだろう。
 この本は免疫をかなり巨視的に描いたもので、○○病の治療のような話は、ほとんど出てこない。また20年の歳月の間に新たな発見があって、どこかに加筆訂正が必要な可能性もあるのかもしれない。それでも免疫が、「自己」と「非自己」を峻別するシステムであることには、変わりないだろう。

〈…そもそも「自己」とは何なのか。これほど神経質なまでに「自己」と「非自己」を区別する必要が本当にあったのだろうか。「自己」と「非自己」を区別するような能力は、どこで何が決めているのだろうか。その能力に破綻が生じた場合何が起こるのか。「非自己」の侵入に対して、「自己」はいかなる挙動を示すのか。
 こうした問題こそ、現代免疫学がいま解析の対象としている問題である。分子や遺伝子を扱う現代生命科学の最前線にいるにしては、ずいぶん大ざっぱで、ほとんど形而上学的な問題ではないか

 病気であろうとなかろうと、理系であろうと文系であろうと、生きている以上、心惹かれるテーマと言えるのではないだろうか。

 老化、アレルギー、エイズ、癌、自己免疫疾患についても、それぞれ1章が与えられているが、こうすれば治るとかいう話ではないので、免疫の精緻なシステムについて深い驚きを感じながら、また著者の明晰で馥郁たる文章に導かれながら、やっとの思いで読んでいる。

P1050815
(著者は2010年に惜しまれながら亡くなりました。2001年に脳梗塞で倒れ声を失い、右半身不随になりましたが、文筆活動は旺盛なままでした。リハビリ期間を限るとした厚生省に、激しく抗議し反対運動をしたことは有名です)

« 老人ホーム | トップページ | 体調不良のため、少しお休みします »

読書メモ」カテゴリの記事

コメント

多田富雄さん! リハビリ期間についての発言、運動、よく覚えています。
「自己」と「非自己」、なんて哲学的なテーマなのでしょう。

私の本棚には「能」の入門書(多田氏監修)が1冊あるだけです。
この分野への造詣の深さにも、驚くばかりです。

この本は完全に理系で、頭の中がT細胞だのT細胞だので、ごちゃごちゃしてきます。
難しいけど読みにくいわけではない、不思議な本です。

ほんとにすごい人でしたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548051/65691843

この記事へのトラックバック一覧です: 『免疫の意味論』  多田富雄  青土社:

« 老人ホーム | トップページ | 体調不良のため、少しお休みします »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ