最近のトラックバック

« 『古文書講師になれました──わたしの独学体験』  宇野藍子 柏書房 | トップページ | 老人ホーム »

2017年8月15日 (火)

水泳の句

 東京は2週間以上、毎日雨が降っている。涼しくはなく蒸し暑い日々だ。夏はもう終わってしまったのだろうか?
 先日、こんな句を作って高点をもらった。

一面の向日葵終はりの予感する〉   

 もっぱらプール通いを楽しんでいる。俳句でもときどき、先日の〈バタフライ肩甲骨が先に行く〉のように、水泳の句を作る。でも泳がない人には、わかりにくい情景らしい。

背泳ぎはゴーグルなしで空真青

プール出る重たき腹の置所

 下の句は笑いを呼んだようで、かなりの高点だった(欠席投句です)。プールから出ると体が重く感じるものである。私がもっとグラマーだと、もっとおもしろかったのだろうなあ。あいにくカトンボなもので・・・。

P1020215
(スポーツジムのイベントでの写真。プールは1階にあって、窓から緑が見えます)

« 『古文書講師になれました──わたしの独学体験』  宇野藍子 柏書房 | トップページ | 老人ホーム »

俳句」カテゴリの記事

コメント

ひまわりの一句はシュールな感じがいいですね。プールで水から上がったときの重力感というのは、私も句にしたことがあります。あれは泳いでいる人にしかわからない感覚かもしれません。肩甲骨の句も同じです。確かバタフライは腕よりも肩甲骨を意識するように教えられた気がします。

octpus11 さんには、句会の友人よりはっきりした意見をいただけるので、とても励みになります。ありがとうございます。

水泳は体力がないので、いつも省エネ泳法を心がけています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548051/65668593

この記事へのトラックバック一覧です: 水泳の句:

« 『古文書講師になれました──わたしの独学体験』  宇野藍子 柏書房 | トップページ | 老人ホーム »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ