最近のトラックバック

« 2017年7月 | トップページ

2017年8月

2017年8月17日 (木)

老人ホーム

 母のいるホームに行った。うちからバスを利用して30分くらいのところにある。シルバーヴィラ向山http://www.silvervilla.com/という30年以上の歴史を持つホームで、そこの自立棟にいる。入居して5年になり、最初からあまり調子がよくなかったが、最近はますます「自立」にほど遠い状態だ。93歳なのだからしかたないけれど・・・。
 自立棟の玄関にはサフィニアが咲いていた。植えたのは施設長。

Img_0305_2

 ここはクラブ活動が盛んで、毎日のようにロビーで何かやっている。水曜日は「文学の会」だ。8月はDVDやCD鑑賞のようだが、朗読の会が開かれることもある。

Img_0306
(月に1回、短歌の会があります。社長も出席し、15人くらいの参加者に講師もいます)







2017年8月15日 (火)

水泳の句

 東京は2週間以上、毎日雨が降っている。涼しくはなく蒸し暑い日々だ。夏はもう終わってしまったのだろうか?
 先日、こんな句を作って高点をもらった。

一面の向日葵終はりの予感する〉   

 もっぱらプール通いを楽しんでいる。俳句でもときどき、先日の〈バタフライ肩甲骨が先に行く〉のように、水泳の句を作る。でも泳がない人には、わかりにくい情景らしい。

背泳ぎはゴーグルなしで空真青

プール出る重たき腹の置所

 下の句は笑いを呼んだようで、かなりの高点だった(欠席投句です)。プールから出ると体が重く感じるものである。私がもっとグラマーだと、もっとおもしろかったのだろうなあ。あいにくカトンボなもので・・・。

P1020215
(スポーツジムのイベントでの写真。プールは1階にあって、窓から緑が見えます)

2017年8月10日 (木)

『古文書講師になれました──わたしの独学体験』  宇野藍子 柏書房

 まさか、講師になりたいわけではないし、なれるわけでもない。でも、日本史も国文学も縁のなかった著者が、どうして独学で古文書学習を続けられたのだろう? そこに興味があった。著者はもともと理系で、銀行員やPC講習の講師などをしていた人である。もともと、どんな形であれ文字自体に興味を惹かれるタチだったようで、15年をかけて講師が務まるほど勉強した。主にNHK文化学園の通信講座で学び、いくつものコースをマスターしてから、論文を提出し講師資格を得たそうである。
 なぜ長く独学が続いたのか、著者はこう書いている。

古文書の独学はなんら人の役に立ちそうもないし、なんらお金にもなりません。反転して考えると、実際的な事柄からの一切の解放を、直感的に感じとったのだと思います。もしかしたら、古文書の学習というのは、日常のさまざまなストレスにさらされ続ける現役世代のほうがむしろ向いているのでは? とさえ思います

 現役でなくてもストレスが多いのが現代だ。私も版本に並ぶにょろにょろした文字を見ると、たしかに安らぎを感じることがある。過去の声がかすかに聞こえてくるのである。それだけでいいのかもしれない。

Dsc00843

2017年8月 6日 (日)

8月の句会から

 2か所の句会に出ていて、ひとつは欠席投句を繰り返している。水泳教室と重なるからである。水泳のほうが好きなのかもしれない。
 出席したほうの句会の兼題は「夜の秋」。立秋直前だからなのだが、実際には夜になっても少しも涼しくならない。出席は15名、こんな句に点が集まった。

ふわり一句浮かんで消える夜の秋〉   N・M

街の灯が滲んでいたり夜の秋〉   S・Y

積ん読をちょっとくずして夜の秋〉   T・K

これやこれ鱰(しいら)刺身ぞ夜の秋〉   T・A

夜の秋富士屋ホテルのカレー食ふ〉   こはる

 最後の句が当日最高点。富士屋ホテルは箱根塔ノ沢の由緒あるホテルで、泊まったことはないのだが、カレーは食べた。蒸し暑い日が続くとまた食べに行きたくなる、という単純な理由で作った句です。

R0012405
(欠席の方が多かったです。蒸し暑い中に雨が降り、出かけにくい一日でした)


2017年8月 4日 (金)

『中島敦全集』 全3巻  ちくま文庫

 奈良からの帰りの新幹線の中で、iPadの青空文庫で「李陵」を読んだ。すごく久しぶりで、最初は漢文調がきつかったがやがて慣れて、しみじみいいなと思った。それでネットで検索して、この文庫版の全集がうちにやってきたのである。モダンな印象のカバーの装画は土方久功。1942年、33歳で夭折した中島の、数少ない友人だった人である。

 中島敦は「山月記」などが長く教科書に載っていたせいか、古代中国を題材にした小説ばかりが有名だが、南海を舞台にした文章もかなりある。1940年に当時の南洋庁に就職したためだ。彼の代表作「光と風と夢」はR・.L.・スティーヴンソン(「宝島」で有名)の話である。またカフカをドイツ語で本格的に読んだ最初の人だともいわれている。

 中島の小説に漂っているのは、孤独に対する覚悟のようなものだ。それが時代を超えて感銘を与えるのだろう。幼いときに母が3回も替わったのが影響しているのだろうか? 漢学の一家に生まれたから、漢文調の硬い文章も多いが、明るいモダンな小品もたくさんあって、夏の間楽しめるだろうと期待している。

Dsc00840

2017年8月 1日 (火)

水泳

 水泳を始めて15年くらいになる。もともと関節リウマチのリハビリのために、主治医に勧められたのがきっかけだった。全く泳げなかったのだが、水中を歩くだけでも体力が回復するからと言われ、家から見えるほど近いスポーツジムに行ったのである。1年ほどアップアップを繰り返して、やがてクロールと背泳ぎができるようになり、今はいちおう4泳法とも泳げる。15年も泳いでいれば当たり前だけど・・・。
 先日、奈良旅行に行って、1日1万2000歩を3日続け、帰ってからしばらく、ヘトヘトだった。体力がなくなったものだと思い、主治医にそう嘆いたら、まじめな顔で「普通より元気だと思いますがね」。そうなんだろうか? 重い荷物は持てないし、朝から歩き始めると午後3時ごろには、もうダウンしそうになるのだけど。先秋に古希になった。それから急に歩けなくなったような気がするのだけどなあ。

 水泳友達はみな同じくらいの年代で、1000メートルくらい泳いでも平気な人もいる。「普通より元気」なのは、たぶん彼らなんだろう。リウマチは治らない病気である。いい気になって何でも一緒にやろうとせず、用心しなければ・・・。

バタフライ肩甲骨が先に行く〉   こはる

背泳ぎの一掻きごとの空動く〉   平尾徹美

水といふ象形文字や立ち泳ぎ〉   高田たづ子

Img_0402s_2
(写真は従姉の撮影でクロアチアです)

« 2017年7月 | トップページ

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ