最近のトラックバック

« 喫茶店 | トップページ | 『古事記を旅する』  三浦佑之  文春文庫 »

2017年7月 5日 (水)

ユリ

 台風は過ぎて青空。お隣のユリが満開で、窓を開けると我が家にも、いい匂いが漂ってくる。

Dsc00825_2

 梅雨明けはまだらしく、ひたすら蒸し暑い。夏負けするほうではなかったのだが、最近はすっかり夏が苦手になった。もちろん出かける用はあるが、9月まで最小限ということで、過ごすことにしている。

百合匂ふ真夏愛した日々遠く〉  こはる

 季重なり。最近、俳句に気が乗らなくて困っている。スランプというほどベテランではないけれど。句会に月1回しか出ないのが、よくないのかも。人には何らかの表現方法が必要だ。せっかく続けている俳句、もう少し大事にしよう。

句会終へ川面に重く送り梅雨〉   こはる

« 喫茶店 | トップページ | 『古事記を旅する』  三浦佑之  文春文庫 »

俳句」カテゴリの記事

コメント

俳句頭や俳句モードに入るきっかけに名句を写したり読んだりしています。毎週の「朝日俳壇」を選句するのも長い習慣です。一時は気の乗らなかった俳句ですが、私にはこれしかないようです。

octpus11 さん、いつもいいアドバイスをありがとうございます。
ひとりでできることを探してみようと思いました。

難聴で、大勢(20人くらい)の句会になじむことができなくなり、
それがスランプの原因だと思います。
補聴器をつけていても、離れた席の人の声は難しいです。
それも聞こえるように調整すると、ふだんが聞こえすぎて、
耐えがたくうるさい。やれやれですねえ。

「句会終へ・・・・」の句の心境、私は毎度のことなので、よくわかります。

こはるさんは真面目で、努力家ですからね。
優秀な方のスランプモードではないかしら?

それにしても、五体満足ってありがたいことだと、最近つくづく思います。

健康がいちばんです。
夏がたいへんに感じるようになりました。
冷房のきいたビルの中で働いていたころが、なつかしいです。

すっかり

すっかりという言葉をよいしょと持ち上げる

そんなかんじで
このすっかりに重みを感じますが

負けても居れないので 知恵を絞れるところは絞って 生活スタイルを変えるなり
できることに挑戦したいと思っています

私も老人性の難聴で 職場でも向かいの席の人などと話をするときに
いい加減にきいて済ませてしまうことがあります

電話で話す自分の声が叫ぶように大きくなるので 自分でも困っています
一人でいるときは聞こえなくても何も困らないのですけどね

音楽をするので多分支障が出ていると思いますけど 気にしないでいます
(好き勝手にしてますから)

ねこさん、ありがとう。
私はたぶん、「気にしない」のが下手なんですね。
自分を飾ろうという気持ちが、どこかにあるのかも。
反省しちゃいました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548051/65496479

この記事へのトラックバック一覧です: ユリ:

« 喫茶店 | トップページ | 『古事記を旅する』  三浦佑之  文春文庫 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ