最近のトラックバック

« 熱帯夜 | トップページ | 雲の峰と岡本眸 »

2017年7月24日 (月)

新しいクリニック

 主治医が引っ越した。もともと下北沢病院の院長だった人だが、その病院の経営者が替わり、リウマチ科が廃止になってしまったのである。この病院はその前身を福原病院といい、全国的に名を知られたリウマチ専門病院として長い歴史がある。下北沢病院に名を変えてからも、その伝統は受け継がれていたのだが、ここへきてスッパリ断絶。リウマチ専門医であった私の主治医は、下北沢を去ることになり、結局、自ら開業したhttp://kakinokizaka.clinic/

 開業から3カ月余、東横線・都立大学駅前のクリニックは、開業祝の花束も片付けられて日常の雰囲気、主治医の先生も以前と同じ穏やかな笑顔である。しかし、下北沢に置いてきた私の18年にもわたるカルテは、どうなったのか? 患者の数も半端ではなかったはずである。考えるだに腹立たしい。法律上、持ち出せなかったと主治医は言っていた。もっとも、先生の記憶まで置いてきたわけではないので、先日も検査結果表を見ながら、「ここはずっとこういう値だったよね。特に心配しなければならない状態ではないです」。

 おもしろいところのある先生で、パソコンと「スターウォーズ」が大好き。クリニックの片隅には、下北沢からあったR2-D2が、ちゃんと控えていた。これと同じ形でミニサイズのUSBハブも、机の上にある。
 以前、私は大怪我をして整形外科の治療がうまくいかず、エックス線画像を整形外科からデータとしてもらって、内科系であるこの先生の意見を聞いたことがある。R2-D2形USBハブは、私の膝の画像データを、歌をうたいながら読み込み、主治医と私は笑った。結果、私は大学病院のリウマチ患者を対象とした整形外科に紹介され、6年前に手術で1ヵ月入院、今は元気にどこでも歩いている。

Img_0299
(専門外の外科的なアドバイスを、的確にしてくださいました。感謝です。なおリウマチには子供の患者さんもいます。男性も。本文敬称敬語省略

« 熱帯夜 | トップページ | 雲の峰と岡本眸 »

写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548051/65574487

この記事へのトラックバック一覧です: 新しいクリニック:

« 熱帯夜 | トップページ | 雲の峰と岡本眸 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ