最近のトラックバック

« フリージア | トップページ | 雛祭り »

2017年3月 2日 (木)

3月の~

 3月になった。庭の梅が満開になり、根元にはクロッカス。底冷えではなく、底暖かく(?)なったような気がする。

P1050766

P1050765

三月の甘納豆のうふふふふ〉   坪内稔典

三月や花屋の花のみな欲しき〉  前田和子

 こうしてはおられない。もうじき3月の句会があるのだ。俳句って、一生懸命考えて、調べたりもして作った句に、全く点が入らず、句会に行く途中にふと思いついたような句が、高点をもらったりする。不可解な文芸だと、ときどき思う。「俳句なんて、勉強しててもダメ」と断言する人もいるが、どうなんだろうか?

« フリージア | トップページ | 雛祭り »

俳句」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

三月になると、稔典さんの「うふふ…」の句を、思い出します。

俳句と川柳は違うかもしれませんが、私は考えに考えた川柳が入選することが多いです。
というか、最初に思いつく「川柳のタネ」みたいなものがあまりに未熟で、
ああかこうかと相当ひねらないと一句にならないというのが現状です(笑)。
でも、「まずは〝見つけ〟ありき。表現は後からついて来る」という
先輩の言葉に励まされています。

すばらしいコメントをありがとうございます。
たった17文字にも、その人のリテラシーが鮮やかに出るのは、
俳句も川柳も同じかもしれません。
「うふふふふ」ができたいきさつを、知りたいものです。

「舌頭百転」とも言いますが、私も思いつきを寝かせておいたり、ああでもないこうでもないと推敲します。川柳の場合は諧謔性も必要ですからよけいに大変かと思います。

俳句や川柳をなさる方たちが、このブログに来てくださるようになり、
とてもうれしいです。

octpus11 様
思いつきを寝かせておくのは、大事なんですね。
なぜか料理をしているときに、ふっと思いつくことが多いです。
それなりに頭が動かすからなのでしょうか。
小さなメモ帳に書いておいたり、iPadのメモにつけたりしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548051/64961362

この記事へのトラックバック一覧です: 3月の~:

« フリージア | トップページ | 雛祭り »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ