最近のトラックバック

« 補聴器 | トップページ | 『俳句の海に潜る』  中沢新一・小澤實  角川書店 »

2017年3月 9日 (木)

山茱萸

 団地の中には公園がいくつもある。いやもしかしたら、公園の中に団地があるのかもしれない。都内でも有数の大団地だが、それは広さだけで、人口は高島平などより少ない。
公園の隅に山茱萸が咲いていた。この時期になると眺めに来ることにしている。もう少し奥の公園に行くと、金縷梅(マンサク)もあって、こちらはいい匂いがする。うちの庭に欲しいなあと思うが、どちらも大木になるから無理。庭は団地の1階に付属していて、7坪ほどしかないのだ。

P1010040

山茱萸やまばたくたびに花ふえて〉   森澄雄

山茱萸の光零れて静まれり〉   こはる

« 補聴器 | トップページ | 『俳句の海に潜る』  中沢新一・小澤實  角川書店 »

俳句」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548051/64991795

この記事へのトラックバック一覧です: 山茱萸:

« 補聴器 | トップページ | 『俳句の海に潜る』  中沢新一・小澤實  角川書店 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ