最近のトラックバック

« 『考古学崩壊──前期旧石器捏造事件の深層』  竹岡俊樹 勉誠出版(2014) | トップページ | 裸木 »

2017年2月17日 (金)

近所

 うちからいちばん近い本屋はここ。

Img_0107

 もちろん、インターネットの本屋のほうが近いけれど。いつもなかなか混んでいる。100円の棚で、ミステリーと時代小説を探すのが楽しみなのだ。

 そしてその傍は大根畑。練馬大根かどうかは、私にはわからない。

Img_0113

 今日は暖かだったが、明日は寒冷前線が通過して、また冬の寒さだとか。花粉は飛び始めたし、しばらく遠出はお預けだ。


« 『考古学崩壊──前期旧石器捏造事件の深層』  竹岡俊樹 勉誠出版(2014) | トップページ | 裸木 »

写真」カテゴリの記事

コメント

この頃、「掘り出し物は少なくなった」というのは、我が家の「BOOK OFF」愛好家ですがそちらはどうですか。
いよいよ花粉の季節ですね。これから連休明けの初夏まで、長いです。

最近は、掘り出し物がないですね。

少し以前に、岩波文庫の緑帯が大量に出ました。
引っ越しか、遺品整理か???
高齢の方と思われる品揃えでした。
斎藤緑雨の「あられ酒」というのを、200円で買いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548051/64905946

この記事へのトラックバック一覧です: 近所:

« 『考古学崩壊──前期旧石器捏造事件の深層』  竹岡俊樹 勉誠出版(2014) | トップページ | 裸木 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ