最近のトラックバック

« 秋空はどこ? | トップページ | ヒガンバナ »

2016年9月20日 (火)

『縮刷 一葉全集』  馬場孤蝶編 博文館 1925年刊

 今から90年ほど前に出た1冊本の全集で、縦18センチ・幅10センチ・厚さ4センチの小さな判型ながら、1256ページもある。内容は日記・小説・通俗書簡文・随筆と、全集の名にふさわしい。もちろん古書で背の色は褪せているが、触って壊れそうなほど酷い状態ではない。またかなり出回った本なので、古書としてそんなに高価でもない。
 
P1050711

 もともと明治45年に出た2冊本の全集を縮刷したもの。このときの売りは、「一葉の日記が公刊された」ということだった。小説だけの全集は、一葉の死後すぐに出ていて、校訂は斎藤緑雨である。
 一葉自身は明治29年に亡くなったが、日記はずっと妹の邦子が持っていた。早くから本にしたいという意向があったらしいが、日記にはさまざまな人のことが書かれており、悪口としか言えない内容も多い。孤蝶は日記を出すにあたって、関係者にいちいち了承をとってまわった。そのあたりのことも含めて、後書きにあたる「一葉全集の末に」に思い出話として書いている。要するに「日記は一葉の主観なので、それが真実とは限らない。一葉は優れた作家で、この日記は時代の証言としても意味があり、埋もれさせるわけにはいかないのだ」云々。
 馬場孤蝶は1940年まで生きて、英文学者として周囲の人に慕われたそうである。この後書きを読むと、しみじみそうだろうなあと感じる。
 
P1050712
(見返しの絵がモダンで、まるで私の住む団地みたいです)
 

« 秋空はどこ? | トップページ | ヒガンバナ »

一葉さん」カテゴリの記事

読書メモ」カテゴリの記事

コメント

装丁の絵がヒガンバナなんですね。見返しの絵も素敵!
こういうモチーフは、本の内容とどれくらい関係があるのでしょう?
一葉さんですもの、そりゃあ、日記は遺す価値がありますね。

この縮刷版は大正11年に出て、手元にあるのは15年刊、16版です。
デザインなどが誰かは、わからないです。残念。けっこうモダンですよね。
一葉さんは、翻訳小説がお好きだったようですよ。

日記部分が516ページもあって、全体の半分近いです。
今出ている文庫本などの日記が、ほんとに抄録なのが、よくわかります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548051/64231307

この記事へのトラックバック一覧です: 『縮刷 一葉全集』  馬場孤蝶編 博文館 1925年刊 :

« 秋空はどこ? | トップページ | ヒガンバナ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ