最近のトラックバック

« 『正岡子規──言葉と生きる』 坪内稔典 岩波新書 | トップページ | 桜、桜 »

2016年3月27日 (日)

 八百屋に蕗が出ていました。ちょっぴりで150円。買って来て、茎は土佐煮にして、葉は刻んでごま油で炒め、甘辛味に唐辛子を入れ、ご飯の上に乗せて食べるとおいしいです。ほんの少しだったので、夕飯で完食! 写真を撮るのを忘れたのに気づいたのは、みんな食べてしまった後でした。こちらはwikipediaの「蕗」に載っていた写真です。

Fuki_m03_y

 台所は蕗の匂いでいっぱいになり、家人は「春だ! 春だ!」と言って喜んでいました。蕗は皮を剝くので、料理に時間がかかります。あっという間に食べられてしまうと、何となく残念なような・・・。

« 『正岡子規──言葉と生きる』 坪内稔典 岩波新書 | トップページ | 桜、桜 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

フキって
手がめちゃめちゃ汚れる
ちょっとしかないし
高いし
まさに高級品になりましたね

お酒を飲む人には欠かせない春の味ですけど

お酒はほとんど飲みませんが、蕗は大好き。
今度の生協の配達では、タケノコがやってきます。
春はアクのある野菜が多いですね。
そしてみんなおいしいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548051/63404400

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 『正岡子規──言葉と生きる』 坪内稔典 岩波新書 | トップページ | 桜、桜 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ