最近のトラックバック

« 『やってはいけないウォーキング』  青柳幸利 SB新書 | トップページ | アンズとボケ »

2016年3月19日 (土)

絵手紙

 母のホームから、私の足で5分余のところに、区立の庭園公園がある。和室を含む小さな建物があって、ロビーではよく小さな展覧会をしている。今日は絵手紙だった。

Dscf0088

Dscf0087

 母はもうじき92歳。ここまでひとりで来ることはできず、子供が付き添っても、そろそろ限界になりつつある。
 ホームの入居者には、車椅子でないと出られない人もいれば、母より年上でも、ひとりで買い物がてら、ここまで来る方もいる。人さまざまで、かならずしも年齢ではない。また歩けることがすべてでもない。でも、歳をとるのは難しいことだと、つくづく思います。

« 『やってはいけないウォーキング』  青柳幸利 SB新書 | トップページ | アンズとボケ »

介護・健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548051/63366057

この記事へのトラックバック一覧です: 絵手紙:

« 『やってはいけないウォーキング』  青柳幸利 SB新書 | トップページ | アンズとボケ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ