最近のトラックバック

« 梅のつぼみ | トップページ | 『増補 日本語が亡びるとき──英語の世紀の中で』  水村美苗 ちくま文庫 »

2016年2月 9日 (火)

落椿

 庭の小さな椿が、毎日のようにポトリと落ちる。春なんだなあと思う。

P1020380s

 つい先日の句会でこんな句を出した。

落椿並べて散歩行きますか   こはる〉

 ゲストの「現代俳句」編集長が、特選に選んでくださった。解釈は原作者よりすてきで、恋人同士の会話とか。実際は母のいるホームで、ふと私が思いついただけなのだが。肩の力を抜いて詠むのも楽しいと実感。
 ネットには落椿の迫力ある写真がいくつもある。1枚だけ拝借させていただく。場所は奈良の矢田寺ということだ。

Photo




« 梅のつぼみ | トップページ | 『増補 日本語が亡びるとき──英語の世紀の中で』  水村美苗 ちくま文庫 »

俳句」カテゴリの記事

コメント

椿には思い入れがあります(笑)。
咲いているのも、落ちているのも、椿はいろんなイメージをかきたてますね。
句の特選、おめでとうごさいます!
なるほど~、ロマンチックですね♪

落椿のきれいな写真は、かなり難しいですね。
花がきれいではなくなっていることが多いから。
でも季語としては、かなり魅力的だと思います。
それにしても、変な句かも。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548051/63187246

この記事へのトラックバック一覧です: 落椿:

« 梅のつぼみ | トップページ | 『増補 日本語が亡びるとき──英語の世紀の中で』  水村美苗 ちくま文庫 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ