最近のトラックバック

« ホームの機関誌「銀杏」 | トップページ | 椿園 »

2016年1月13日 (水)

初句会と鴨鍋

 今年初めての句会が、柳橋であった。兼題は「初雀」、読み込みが「」。出席は17人で、新年会でもあったので、句会に続けて鴨鍋となる。

R0060665s

 私は実は宴会・パーティが、とても苦手である。句会は飲食しながらのことが多く、しばらくなじめなくて、周囲の方々に気を遣わせてしまった・・・。もう5年以上、この会に参加しているうちに、やっと慣れた次第。、鴨鍋は新年恒例で、今年はことのほか売れ行きがよく、みんなあまりにもたくさん食べて、前屈みになれないほどになってしまった。
 今回の高点句はこんな感じでした。

初雀かつかつ跳んで陽の撥ねて〉  本杉康寿    7点
舌切りも着た切りも来よ初雀〉     中村ちとせ   6点
松とれて父の方言戻りたり〉      こはる      8点

 

« ホームの機関誌「銀杏」 | トップページ | 椿園 »

俳句」カテゴリの記事

コメント

「高点句」 おめでとうございます!

鴨鍋とはなかなかグルメですね
でも句会だと落ち着かないなあ 私ならば

おいしそうな写真ですね。
おとうさま 口癖はなんだろうか…とかふと思いました

elmaさん、ありがとう。お正月なので、ちょっとうれしかったです。
でも何より「鴨鍋」がよかった!

ねこさん、父は山陰の出身でした。
アクセントなどが違うことは、よくありましたよ。
関西弁の抑揚は、私は懐かしく感じます。
私自身は、母が東京の人なので、全くの東京弁ですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548051/63055704

この記事へのトラックバック一覧です: 初句会と鴨鍋:

« ホームの機関誌「銀杏」 | トップページ | 椿園 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ