最近のトラックバック

« 『骨が語る日本人の歴史』  片山一道 ちくま選書 | トップページ | 『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』  村上春樹 文春文庫 »

2015年12月11日 (金)

夕暮れ近い柳橋

 日が短くなった。年内最後の柳橋句会があって、夕方から始まるので、その前にカメラ散歩を楽しんだ。

 柳橋も夕方の風情。いつもにまして静かだった。
R0060572

 橋のたもとの佃煮屋さんも冬バージョン。
R0060568

 お店はいつもと同じで、柳も緑です。
R0060569

 近くの神社にある石碑。組合は今も健在なんだろうか?
R0060581
(写真は撮ったままで補整していません。そのほうが夕方らしいかなと思ったからなのですが、ちょっとアンダーすぎるかも)






« 『骨が語る日本人の歴史』  片山一道 ちくま選書 | トップページ | 『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』  村上春樹 文春文庫 »

俳句」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548051/62843516

この記事へのトラックバック一覧です: 夕暮れ近い柳橋:

« 『骨が語る日本人の歴史』  片山一道 ちくま選書 | トップページ | 『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』  村上春樹 文春文庫 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ