最近のトラックバック

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月27日 (火)

「たけくらべ」散策3──吉原

 「たけくらべ」の背景は吉原である。主人公の美登利はいずれ、ここの花魁になる運命なのだ。「大門の見返り柳」とは、現在ではこんな風景になっている。

R0060196

R0060199

 ここから吉原への五十間道が続く。大きくS字型に曲がっていて、大門を直接見ることができないようになっていた。平成の今も、道は同じである。

R0060197
(このあたりは不案内のオバサンが、ひとりで歩き回るのは、ちょっと難しいと感じました。「たけくらべ」散策の企画を立ててくださった一葉記念館に感謝です。記念館には前の建物だったときから、何回も行っているのですが、こうしてあたりを歩くのは初めてです)



2015年10月26日 (月)

「たけくらべ」散策2──大音寺

 大音寺は「たけくらべ」の冒頭に出てくる。

廻れば大門の見返り柳いと長けれど、お歯ぐろ溝に灯火うつる三階の騒ぎも手に取る如く、明けくれなしの車の行来にはかり知られぬ全盛をうらなひて、大音寺前と名は仏くさけれど、さりとは陽気の町と住みたる人の申き

R0060170

 入ってすぐの左側に墓が並び、そのうちの一基が信如のモデルになった方のものだとか。近くには寄れなかったが、赤い花が供えてあるのが見えた。

R0060171s

 全体はこんな感じ。あたりの喧噪を離れ、いい佇まいだった。かなり歴史のあるお寺らしい。

R0060173







2015年10月25日 (日)

「たけくらべ」散策──鷲神社

 今年は「たけくらべ」発表120年目だそうで、台東区一葉記念館ではいろいろな行事をやっている。その中の〈「たけくらべ」散策〉というのに参加した。千束神社から大音寺、鷲神社、吉原大門跡などを巡る散策で、定員は10人。抽選に当たったのである。

 鷲神社は来月の酉の市の準備で、あちこちで工事中。個人ならともかく、10人では中に入れなかった。青空に門がきれい。

R0060177

R0060178

 足元にあるのは、畳まれた提灯。

R0060181

 もちろんあたりには酉の市のポスターが、あちこちに貼ってある。

R0060183_2

 酉の市は「たけくらべ」の最後に出てくる祭礼で、それまでおきゃんだった美登利が高島田を結い、正太郎が驚愕する場面がある。この日は吉原も自由に入れて、地域の特別な祭りであった。酉の市には若いころ、一度行ったきりだ。またのぞいてみたい。








2015年10月21日 (水)

秋の庭──マクロ編

 わが家の庭も秋の花が咲いている。

 バラはずっと藪枯らしの下敷きになって、夏を過ごしていた。先日ようやく太陽の下に出て来られたら、とたんに元気復活。まだ株が小さく枝も細いが、これから来年夏まで、次々に花をつけると思う。楽しみ!
P1050403

 野紺菊は咲き始めたばかりである。ブルーアスターに似ているが、これは秋にしか咲かない。この地味な花が何となく好きで、長く植えたままにしている。
P1050406

 そして真夏と真冬以外、いつも咲いているのが、このチェリーセージ。花や葉に触るといい匂いがする。
P1050407








2015年10月20日 (火)

秋バラ満開

 団地のバラ園が満開だ。ほんの1週間でずいぶん違う。「花と緑の相談所」わきで、駅から5分くらい。

R0060146

R0060149

R0060148

 28ミリしか持っていなかったので、バックがきれいにボケるというわけにはいかなかった。3枚目は透過光を狙ったのに、これもうまくいかない・・・(>_<)





2015年10月19日 (月)

イチョウの黄葉の始まり

見上げると、イチョウの黄葉が始まっている。そういえば今朝は少し寒かった。

R0060159

 遠足らしい子どもたちと先生。先生はいつも大変そうですよね。

R0060161

 ここはイチョウの黄葉が有名で、11月になると遠くから撮影に来る人もいるほどである。イチョウの大木の並木があるせいだ。もともとは、旧都庁のそばにあった樹を移植したと聞いている。もう少し黄色くなったら、また撮るつもりです。


2015年10月15日 (木)

病院

 この病院は都内最大規模だろう。玄関を入ると、この日の予約・約4000人という札が出ていた。手続きは煩雑・・・、私は整形外科なので、幸いなことにそれほど待たない。また手術のアフターケアだけなので、医者も私も暢気なものである。ここには1ヶ月ほど入院していたことがあるが、ケアがよく費用も安かった。健康保険万歳!

R0060110s

 午後一番の診察予約だったので、先に大学内のレストランで昼食。椿山荘の支店で「赤門カレー」なるものを食べた。わりにおいしく、コーヒーもついて1020円というのも、まあまあだと思う。

R0060105
(28ミリ。カレーの中に見える黄色いものは、イチョウの形をした大根でした(^o^)

 




2015年10月14日 (水)

麟祥院

 近くの病院の帰りに寄った。江戸時代の初め、1624年に春日局の願いにより、家光の命でできたお寺だそうである。病院の隣りといっていい位置にある。

R0060121

石像の多くは江戸時代のものと聞いている。ずらりと並んで壮観。

R0060116

 境内はゴミひとつなく、ついでに誰も見なかった。静かな中に水音だけが聞こえていた。

R0060119
(Ricohで28ミリ。携帯電話のカメラよりは、よく撮れるようです)





2015年10月10日 (土)

ローズガーデン造成中

 ここは団地内の区立公園で、「花と緑の相談所」がある。もともと、近くのゴミ焼却施設の廃熱を利用した、温室の熱帯植物園があった。ところが耐震基準を満たしていないとかで、あえなく取り壊しとなり、目下工事中。こんな札が下がっていた。

R0060060

 来年の5月にはローズガーデン」ができるらしい。バラは私も何回も育てたが、真夏と真冬の世話が大変なほかは、わりあいに強勢な植物である。今度はうまくいってほしいなあ。ここは私の大切なフォトスポットなので。
 すぐ近くのバラ園(ローズガーデンとどこが違うの?)では、そろそろ秋バラが咲き始めていた。

R0060061
(カメラはコンデジで28ミリのみ。これ以上近寄れませんでした)




2015年10月 9日 (金)

ホオズキ

 酸漿、鬼灯とも書く。風邪を引いて句会を休み、しょんぼりしていたら、ホオズキのついた美しい枝が送られてきた。灯りの入った提灯のようだ。

P1050396

 浅草のほおずき市は、たしか7月である。そのころ赤く色づき、秋になって「鬼灯」にふさわしい姿になったのだ。もちろん赤いままの実もある。

P1050394

 送ってくださったTさん、ありがとう。感謝です。




2015年10月 8日 (木)

『Steve Jobs』1/2 ウォルター・アイザックソン 井口耕二訳 講談社α文庫

 文庫で上下2巻、1000ページの大作である。もうじき下巻にさしかかるあたりに来ているが、すごくおもしろい。Macがカリフォルニアの70年代のヒッピー文化のすぐ近くで、発生・進化してきたことがよくわかる。
 ジョブズは技術者ではないが、どんなものがつくりたいのか、やたらにはっきりしている男だった。後に「マーケティングはどうしましたか?」という質問に、「グラハム・ベルが電話を作ったとき、マーケティングなんか、したか?」と返答している。すべてがこの調子。部下や家族はさぞ、たいへんだったことだろう。その奇矯な性格と振る舞いには、多くの人が傷ついた。しかしジョブズの才能と独創性を、評価しない人はいないだろう。

 私がパソコンを使うようになって、20年近くがたつ。最初の2年ほどはMacだった。のちにWinに乗り換えたのは、原稿を書くようになったためで、Win対応のソフトのほうが断然、多かった。今は両者の仕切りが、かなり薄くなっていると聞く。
 Win10にしないかというメールがよく来る。期間限定で無料アップグレードができるのは、よくわかっているのだが、なんとなくグズグズしている。Macの使いやすさを、思い出してしまうのである。

P1050391

2015年10月 7日 (水)

山茶花

 朝晩冷えてきた。朝起きたら喉が痛い。風邪を引いたらしい。マンションというのは、建物自体がなかなか冷えなくて、10月になっても部屋の中は25度を超えるのである。まだ夏服を着ていた。あわてて全部、着替える。
 庭を見ると、山茶花が咲き始めていた。うちのはとても早く咲く。

R0060038

2015年10月 1日 (木)

『脅威の小器官 耳の科学』  杉浦彩子・講談社ブルーバックス

 耳についての科学的な入門書。著者は東京・板橋区大山の国立長寿医療研究センターで、高齢者の難聴を治療・研究している人である。たいへん読みやすくて優れた本だと思った。耳が気になる人にはオススメの一冊といえる。

第1章 聴覚ってなんだろう
第2章 耳はなぜ耳の形をしているのか
第3章 聞こえのふしぎ
第4章 病気からみた耳
第5章 耳垢と耳掃除の科学

 補聴器についてはかなりきちんと書かれていて、販売システムなどにはかなり批判的である。まだ途中までしか読んでいないのだけど(書評ブログではないので、お許しを)、すごく参考になる。みなさん、耳掃除はしないほうがいいなんて、知っていましたか?

P1050393

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ