最近のトラックバック

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月29日 (月)

『生きて帰ってきた男』  小熊英二 岩波新書

 副題は「ある日本兵の戦争と戦後」。ナショナリズムについて著書の多い小熊英二の、父親に聞き取りして書かれた本で、父親がシベリア抑留者であったことを初めて知った。この父は1925年生まれ、私の母と1歳違いで、先日亡くなった母の年子の弟、つまり叔父と同い年である。それだけで読まなければならないと感じてしまう。私たちは親が戦争に巻き込まれた最後の世代なのかもしれない。
 小熊謙二氏は19歳で応召、何の戦闘もないまま、そのままシベリアに連れて行かれ、家族の元に返れたのは4年後だった。一兵卒で士官ではなかったが、所属したのが終戦間際のドサクサ編成部隊で、そのまま収容所に入り軍隊内の階級制度が作用せず、それが生きて帰れた大きな理由だろうと、本人は回想している。冷静に淡々と当時をふり返る姿は、強い印象を残す。

自分が戦争を支持したという自覚もないし、反対したという自覚もない。なんとなく流されていた。大戦果が上がっているというわりには、だんだん形勢が悪くなっているので、何かおかしいとは思った。しかしそれ以上に深く考えるという習慣もなかったし、そのための材料もなかった。俺たち一般人は、みんなそんなものだったと思う

P1050177
(実はまだ途中なのです。たいへん読みやすく、周辺事情の社会制度の説明もあります。抑留の話だけではなく、戦後の苦しかった暮らしも語られ、これもたいへんおもしろい。最終章ではお父様は、国を相手取った戦後保障裁判に、関わられた様子です)

2015年6月28日 (日)

歯医者さん

 静かな住宅街で、お店が一軒もないような場所に、突然こんな看板が。びっくりした。

Dscn0267

 窓にはこんなイラストが描かれていた。

Dscn0268

 小児歯科も、やっているようである。ちなみに私は、子供のころから虫歯が少なくて、歯医者さんに「あなたの口の環境は、虫歯好みじゃないんですよ」と言われてしまった・・・。もっとも歳をとったから、これからはわからないが。

(団地に住んでいると、決まり切った光景しか目にすることがなく、出かけだ先の街の様子が新鮮に思えるのです。カメラはコンデジ)


2015年6月26日 (金)

向山庭園

 母のホームの近くにある小さな和風庭園。この時期はユリが見事だ。

Dscn0330

 茶室があって、その入口にキキョウが植えられていた。いいなあと思わず見つめてしまう。

Dscn0333

 池のほとりにあるのは半夏生。白い葉をつけ、そのわきに花穂を伸ばす。どことなく奇妙な印象の花。ドクダミ科で薬草らしい。

Dscn0336

 この日の母は初め無口だった。話題もないので、棚に置いてあった女学校時代のひどく古いアルバムを広げて見る。母に写真を指さして、「この人は誰?」などと聞いていたら、母は次第に元気が出てきて雄弁になり、1時間ほど思い出話をしてくれた。卒業間際に戦争になったこと、兄弟が全員、出征したこと等々・・・。認知症の面影は、そこにはなかった。いろいろ考えさせられました。

(カメラはニコンのコンデジ)







2015年6月24日 (水)

ムラサキケマン

 団地の通路の脇に咲いていた。漢字では「紫華鬘」と書き、花の形が仏具飾りの華鬘に似ていることから名付けられ、遠い昔に中国から渡来したと、角川の大歳時記にある。ケシ科で有毒なのだそうだ。仲間に黄色い花のもあるそうだが、そういえば見たことがある。
俳句では春の季語。丈夫で花期が長いのかもしれない。

幼いに花むしらるるけまんかな  一鷺〉

Rimg0006

2015年6月20日 (土)

『幻の「一葉歌集」追跡』 青木正美 日本図書センター

 1988年発行。著者は古書店主である。
 本の主人公は一葉ではなく、齋藤緑雨である。著者は緑雨の書簡集を出すことを夢見て、古書市場に通っていた。1987年4月、無題無署名の古い歌稿の束を見つけ、書体から緑雨の手になるものと判断、それを「追跡」しているうちに、中味が一葉の和歌であることに気づくのである。全集に未発表の作もあり、朱の添削が入っていた。それを初めは緑雨の添削かと思っていたが、そうではなく一葉の師の中嶋歌子によるものだということも判明する。昭和末期の古本業界の行事やしきたりなども描かれ、古書店主の活動報告の趣もあり、昭和中期の生まれである私には、すこぶるおもしろかった。この本はだいぶ前に古本屋で買って、私の本棚の奥で寝ていたものです・・・。

P1050173
(カバーに模様のように見えるのが、緑雨の書いた一葉の歌稿。右下がりのかわいい文字で、達筆の多い明治文人の中では異色です。緑雨自身は字が下手だという思いが強かったらしく、なるべく筆跡を遺さない方針だったとか)


2015年6月19日 (金)

雨の日の300ミリ

 今日は朝からずっと雨。音を立てて降りつづいている。庭の東南角には紫陽花が雨に濡れている。濡れ縁から300ミリで撮ってみた。

P1050169

 カメラはMicro 4/3のLUMIX GMで、とても小さいミラーレス。300ミリをつけるとこんな具合で、バランスが悪い。45~150ミリ、フルサイズのカメラに換算すると90~300ミリに相当する望遠ズームである。重さは200グラムくらい、軽いほうだ。遠くが撮れておもしろいので、たまに散歩にも持ち出している。

Dscn0318




2015年6月18日 (木)

カルガモの親子

 近所の池には毎年この時期、カルガモの親子が暮らしている。子供は最初は多くて、7~8羽もいるのだが、あっという間にどんどん減っていく。カラスにとられるのだとか。全部いなくなって親鳥だけが泳いでいることもあるが、2~3羽残ることもある。今年はどうなるかなあ。

P1050161
(保育園の子供や近所の高齢者の散歩する所です。たまにカワセミが来て、カメラ族で賑わう場所でもあります)

2015年6月13日 (土)

ガクアジサイ

 としまえんでは「あじさい祭り」をやっている。この時期は入園料も安く、遊園地に似つかわしくないような年齢の人(私のような・・・)も、かなり遠くから来るようだ。
 ガクアジサイがきれいだ。星のように見える。

P1010713

P1010737

 紫陽花のトンネル。望遠レンズではないので迫力がないが、ご容赦を。

P6112884
(うちは近いです。またここは母のホームの近くでもあります)


2015年6月12日 (金)

葱畑

 団地のすぐ近くに残る畑の風景。かつてはあたり一帯、こんな感じだったのかもしれない。向こうに見えるのは団地の建物で、ずっと北まで広がっている。

P1050167

 同じ練馬区内でも、環七の東側になると畑はほとんど見られず、江古田に住む知人は、このあたりをずいぶん田舎のように感じると言う。
 私が育った60年前の目黒区も、こんな景色だったっけ。懐かしいです。

2015年6月11日 (木)

あれ?

 買い物兼散歩をしていたら、パン屋さんが閉まっていて、こんな張り紙が。

P1050166

 みなさん、気をつけましょうね。

どのくらい歩ける?

 出かけるときはカメラ持参がほとんどだったが、だんだんそれが億劫になってきている。暑い季節はなおさらだ。私は関節リウマチの持病があり、5年前に膝に大怪我をして、4年前に人工関節の手術をした。友人たちはそれを知っているので、ときどき「どのくらい歩けるの?」と、心配そうに聞いてくれる。ありがたいことである。
 旅行で丸1日歩くと、小型カメラを背負って、頑張って1万歩がやっと、7000歩くらいならば楽だと言えるだろうか。しかも途中で必ず休憩が必要だ。膝は痛みはないのだが、どことなく安定が悪く、凸凹の長い坂道や手すりのない急階段は、避けたほうがよさそうだ。でも、こういう所、好きなんです・・・。

P1010566
(近江の金剛寺。去年の撮影。リウマチ医の意見によれば、「年齢並みの脚力は充分ある」のだそうですが、旅好きの人はもっと元気なんですよね



 

2015年6月 9日 (火)

ゼニアオイ

 近所の駐車場に咲いていた。昔からよく見る花で、アオイの仲間であるのはすぐわかったが、「本名」はパソコンで調べなければならなかった。もしかしたら、自然に生えていたのかもしれない。

Dscn0317_2

2015年6月 8日 (月)

カレー作り

 娘が彼氏を連れてやって来た。夕飯を食べたいのだそうである。そんな、急に言われてもねえ。冷凍庫をのぞいたら、鶏手羽がたくさんあったので、それを全部入れて、コラーゲンたっぷりのカレーを作る。鍋は20センチ径、具で満員になり、鍋に口がきけたなら「窮屈だ」と文句を言ったに違いない。4人分を作るのは久しぶり。もう少し大きい鍋が要るのかしら。
 うちはふだんは老夫婦2人で、食事時も静かなものである。たった2人増えただけで、やたらに賑やかになり、後で疲れてしまった。

R0012403_2
(娘には障害があるので、長い間、人を連れてくるようなことは、ありえませんでした。隔世の思いがします。写真は箱根・フジヤホテルのカレーの薬味入れ)

2015年6月 6日 (土)

紫陽花

 今日は青空で、団地には紫陽花が咲き始めている。このあたりは青い花が多い。

P1050151

 近づくと青とピンクが共存。

P1050153

 そしてキンシバイの季節でもある。よく似たビヨウヤナギとは、ようやく区別がつくようになった。これはわが棟の出口に咲くキンシバイ。

P1050145





2015年6月 3日 (水)

梅雨間近

 昨日までは炎天だったのに、今朝は雨がザアザア降っている。庭のバラはこんな日でも、びしょぬれになりながら、せっせと咲き続けている。
気象庁によれば、九州・四国・中国・近畿地方まで、梅雨入りしたそうだ。関東ももうすぐに違いない。そういえば近所の「としまえん」では、あじさい祭りが始まっている。

P1050136
バラはもともと、強靱な花なのだとよく思います

2015年6月 1日 (月)

『近江路散歩』 司馬遼太郎・白洲正子ほか 新潮社とんぼの本

 1988年初版の古い「とんぼの本」の1冊で、近所のBook Offで見つけた。30年ほど前の近江路が、実にしっとりと細やかに紹介され、私が近江路に憧れる大きな原因になった。先日、家族で行った比叡山麓の坂本や近江八幡などの写真を見ると、おそらく地元の方に景観保全の気持ちがあるのだろう、思ったほど大きく変わっていないように感じる。秋にもまた行ってみたいねえと、家族で話している。

P1050133
(近江牛は、近江八幡のランチに少しだけ、入っていました。ツアー旅行ではないので、何でも自分で調達しなければなりませんが、そこが楽しくもあります)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ