最近のトラックバック

« 『蛍の航跡』 帚木蓬生 新潮文庫 | トップページ | 根津吟行 »

2014年12月 1日 (月)

敗荷

 「やれはす」または「はいか」と読み、「破蓮」とも書く。蓮は夏の間、美しい大輪の花を咲かせ葉も見事で、極楽のイメージがあるくらいだ。それが秋も深まると、葉は破れて枯れてしまう。後楽園の蓮池もこのとおり。

P1020078s

 俳句心を惹く題材なことは確かで、いろいろな句が詠まれてきた。

さればこそ賢者は富まず敗荷   蕪村〉
敗蓮に午後の日射も三時まで   安住敦〉
破蓮に触れたる夜の夢深し     深津健司〉

(レンズが40ミリ相当なので、近寄れません。残念)


« 『蛍の航跡』 帚木蓬生 新潮文庫 | トップページ | 根津吟行 »

俳句」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548051/60744291

この記事へのトラックバック一覧です: 敗荷:

« 『蛍の航跡』 帚木蓬生 新潮文庫 | トップページ | 根津吟行 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ