最近のトラックバック

« 『草の花』 三田完 文春文庫  | トップページ | 雨の日は・・・ »

2014年11月 5日 (水)

蔵前橋遠望と句会

 向こうのほうに見える黄色い橋は蔵前橋で、下を流れているのは当然ながら隅田川。

Dscn0075

 私が行ったのはここよりもっと下流の柳橋の近く。隅田川沿いのテラス(歩道)からは、スカイツリーと蔵前橋が遠望できる。

Dscn0066

 この近くで句会があるので、毎月のように出向くことになる。俳句はいつも3句出して、全部で60句近く並んだところを、5句を互選、得点を競う。互選に加えて主宰の特選3句と並選10句ほどがある。特選をもらうこともたまにはあるが、何ヶ月も点が少ししか入らない場合も多い。きっと才能がないんだろう・・・。俳句というのは、意味があるような、ないような、奇妙な世界ではないかと思うことがある。

長生きをしすぎたと言ひとろろ汁  こはる

蓮の実の飛んで異国の夢を見る  こはる

 


« 『草の花』 三田完 文春文庫  | トップページ | 雨の日は・・・ »

俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548051/60603796

この記事へのトラックバック一覧です: 蔵前橋遠望と句会:

« 『草の花』 三田完 文春文庫  | トップページ | 雨の日は・・・ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ