最近のトラックバック

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月31日 (金)

伊東──東海館

 伊東に行ってきた。東海館は伊東温泉を流れる松川河畔にある元旅館。昭和初期の旅館建築の代表的な建造物で、市の文化財に指定されている。

P1010874

2階には魔除けのお面がたくさん展示されていた。特に時代ものというわけではないらしいが、なかなかの迫力だ。

P1010887

 建物のすぐ脇には松川が流れている。伊東はもともと、このあたりから発展した街なのかもしれない(川の反対側から撮影)。

P1010896







2014年10月26日 (日)

『50代からのiPad』  馬場寿実・本田光一 エクスナレッジ

 本屋に行くとiPadのガイド本があふれている。48歳とか60歳とか、年齢をうたった中高年向けのものも多い。これはその中でも出色の本で、売れすぎたのか、本屋でもネットでも入手が難しくなっているほどだ。
どこがすばらしいのかというと、iPadの持つコミュニケーション・サポート機能に、大きく焦点を合わせた説明がある点だ。たとえば「メガネをかけてもよく見えなくなった・・・」とか、「話し声がよく聞こえなくなって・・・」という人の、助けになるアプリについて、きちんとした紹介と説明がある。私は自分を含めて、病人や障害者、高齢者に囲まれて暮らしているので、人ごとではない! 巻末には「災害に役立つアプリ」という章もある。
 著者は目の見えない人が、音声アプリを使ってインターネットを楽しむのを見て、強い衝撃を受け、誰もが使える情報コミュニケーションをめざすようになったそうである。この本は今はamazonなどでも入手しにくい状態なので、版元が増刷・改訂してくれるのを強く希望する。そのときはぜひ、索引をつけてください。
 参考http://50s-happylab.jp/blog/

Dscn0056
(4年ほど前に突発難聴になり、いったんはよくなったのですが、最近は耳が悪くなったと感じます。補聴器機能、使う日も近いかも。なおほかのタブレットにも、障害者サポート機能はあります)

2014年10月25日 (土)

 黄色い花が好きだ。これは去年の今ごろ、伊豆の韮山・反射炉跡のそばで撮ったもの。こういう形にするのはたいへんなんだろうなあ。

R0012714

2014年10月23日 (木)

山茶花

 わが家の山茶花が、もう満開になってしまった。毎年のことだが、どうも少し気が早いタイプらしい。10年以上前に近所の園芸店で買った小さな苗が、今は庭の主役に生長している。

P1010864
(ここ数日、蜂がやってきます。甘いのかしら? 近所の山茶花はまだ全然咲いていないので、蜂は食糧難なのかも)

2014年10月22日 (水)

錐体外路症状

 「すいたいがいろしょうじょう」と読む。向精神薬の副作用のひとつで、筋肉が緊張したままで滑らかに動かなくなり、硬直したり捻れたりして、たとえば変な歩き方になったりする。本来の病気がよくなっても、この症状だけ、長く残ることもある。そうすると必要以上に障害が重いように見られて、仕事につきにくいことになる。神経回路の問題なので、気分をリラックスさせたり、ストレッチなどをしても、あまりはっきりした効果が出ない。緊張する筋肉の場所に、ボトックス治療をするのが、最新の治療なのだとか。ボツリヌス菌を利用する方法で、保険が利く。ただ取り組む病院がまだ限られているようだ。わが家の当事者は、けっこう遠い病院に通っている。長年の服薬の副作用ということで、担当の先生はとても優しいそうです。

Dscn0047
(これって下を向いて咲くのではなかったでしょうか? エンゼルトランペットではないかと思うのですが・・・)

2014年10月16日 (木)

『首都水没』 土屋信行 文春新書

 台風で雨が多かった10月前半、元都庁の土木専門家が書いたこの本を読んでみた。東京いや日本の地勢の成り立ちから語られているので、その立地条件の厳しさがよくわかる。しかも話はたいへん具体的でわかりやすい。大雨など降らなくても、地震で水門が壊れると水はまず、いちばん深い所を走る地下鉄大江戸線に流れ込むとあって、沿線の住人である私は怖くなった。水害は下町だけの話ではないのである。
 近代になって利根川などの大河川は、上流域ではダムで、中流域では遊水池で、下流域では放水路で、推量調節をするのが原則となった。全国のダム建設の話も、そういう観点から評価する必要があるのだとか。たいへん読みやすいおもしろい本だが、後半にいくほどお役人めいた語り口になるのは、著者の経歴からしかたないのだろうか? 都民必読。

日本を攻撃するのに大量の軍隊も核兵器も必要ありません。(中略)ゼロメートル地帯の堤防のわずか1ヵ所決壊させるだけで、日本は機能を失うのです

P1010861

2014年10月14日 (火)

「iPadで読書」に参加

 近所のカルチャーセンターで、1日講座「iPadで読書」というのがあったので、従姉を誘って参加してみた。講師は若い女性、CGなども教えるプロの方である。iBookにまずは無料の本を入れる。朗読音声付きの古典(源氏物語の一部など)や、英語の本もある。
 生徒がてとも少なかったので、後半の時間はgoogle mapをやりかけた。1日だけでなく継続して、iPadのさまざまな機能を学べる講座があるといいと思った。

Image1
(これはiPad2。見ているのはgoogle map。「iPadを「(子供から)もらったけれど、使えてない」という話をよく耳にします。通信会社でないところが安価で開催する教室が、もっとあっていいと思います)

2014年10月11日 (土)

もうじき川越祭り

 来週の土日は川越祭り。湘南からも電車で簡単に来られるようになり、いっそうたいへんな人出になるのだろう。数年前に撮った写真を少し。

 まずはいそいそ祭りに出かける子供たち。
Pa180951_2

 祭り化粧がかわいい。
Pa180908

 こちらは巫女さんの少女。当日だけのアルバイト?
Pa180876_3

 町中がこの日のために準備していた喜びが伝わってくるようだった。今年は無理だがまたぜひ行ってみたい。








 

2014年10月 6日 (月)

台風は過ぎて

 大きな台風が来るということで心配していたが、お昼頃には空が明るくなり、午後には日が差して暑くなった。長靴や傘を干したお宅も多かっただろうと思う。玄関先にこんなふうに。

R0012657
(足早に去った18号には感謝ですが、19号も来ているのだとか。たしかブラッドベリのSF短編集に、『10月はたそがれの国』というのがあったと思うのですが、最近の東京は「10月は台風の国」ですねぇ。この短編集、記憶ではすごくいいです)

2014年10月 3日 (金)

ハナミズキの赤い実

 台風がだんだん近づいているそうで、今日の練馬は蒸し暑く、30度にもなった。暑い中、ハナミズキの実が赤く目立ち、キンモクセイの匂いも立ちこめている。最近の10月初旬は、まだ暑いのだ。

Dscn0006
(まだ夏物を着ています。衣替えはいつにしようかしら?)

2014年10月 1日 (水)

刺繍の展示会

 母のホームに行った帰りには、向山庭園の脇を通ることになる。そこで珍しい刺繍を展示していた。北欧・ノルウェーのハーダンガー刺繍というものである。私は手芸はほとんどやらないが、女子校の出身なもので、ドロンワークの幾何学模様には、懐かしさを感じた。どなたが作られたものだろうか? ここは日本庭園なのだが、お茶や着付け教室だけでなく、いろいろなサークルが利用しているようだ。

Dscn0021

Dscn0020
(安いコンデジなのですが、Micro 4/3やGXRなどと同じくらい、精密できれいな画像を出してくれます。コンデジの能力は侮れないと思いました)

 向山庭園の一部。
P1000060





« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ