最近のトラックバック

« 『ヴァイオリン職人の探求と推理』 P・アダム著 青木悦子訳 創元推理文庫 | トップページ | あじさい祭り2014 »

2014年6月14日 (土)

果実酒の季節

 あちこちのブログに、おいしそうな果実酒を漬け込む様子が出ている。うちで漬けるのはラッキョウくらいなのだが、見ていると楽しい。去年、秩父の小鹿野に行ったときに見た果実酒の棚。全部、旅館の女将の手製だそうである。

R0012090_2
(去年も一度、載せた写真。夕飯のとき、この中の梅酒をいただきました

« 『ヴァイオリン職人の探求と推理』 P・アダム著 青木悦子訳 創元推理文庫 | トップページ | あじさい祭り2014 »

写真」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

コメント

マタタビとかザクロに興味を惹かれます。
ちょっと味が想像できない、、。

ザクロっておいしいのかもしれないですね。
私はお酒に弱いもので、よくわからないのですが。

こんにちは。

こういうお酒は、待つ喜びですね。
じっと熟成してゆく日々を愉しむ

じーっと見てしまいます。飲めなくても。
楽しみでしょうねえ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548051/59815577

この記事へのトラックバック一覧です: 果実酒の季節:

« 『ヴァイオリン職人の探求と推理』 P・アダム著 青木悦子訳 創元推理文庫 | トップページ | あじさい祭り2014 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ