最近のトラックバック

« 雪の朝 | トップページ | つるし雛 »

2014年2月10日 (月)

『玄奘三蔵、シルクロードを行く』 前田耕作 岩波新書

 7世紀の僧・玄奘とたどる当時のシルクロードの旅。筆者は実際に現地を見ており、破壊されたバーミヤン大仏の破片から、仏典のごく一部を発見したりしている。そのために玄奘の旅も臨場感溢れる記述で、読んでいると一緒に西域を行くような気持ちになる。
 今もシルクロードは安全な場所とは言えないが、玄奘の昔も治安が悪かった。玄奘は高昌国の王から西突厥王への紹介状をもらい、かなり用心しながら旅をしている。キジル、ソグディアナ、サマルカンドを通り、大河・雪嶺を超えてバーミヤンへ着くと、ガンダーラまではもうすぐだ。記述がここで終わっているのがいかにも残念、続編が待たれる。

Rimg0026_2
(はじめのほうに玄奘の生まれや育ちが描かれていて、興味深かったです。また仏教自体の記述も多く、玄奘がどんな夢をみていたのか、いろいろ考えさせられました)

« 雪の朝 | トップページ | つるし雛 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

読書メモ」カテゴリの記事

コメント

シルクロードと言えば、平山郁夫を思い出します。
薬師寺に行くといつもシルクロードの絵を見ます。

春になったらまた京都に行く予定です。
奈良まで足をのばして、薬師寺に行きたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548051/59106463

この記事へのトラックバック一覧です: 『玄奘三蔵、シルクロードを行く』 前田耕作 岩波新書:

« 雪の朝 | トップページ | つるし雛 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ