最近のトラックバック

« 『イタリアワイン マル秘ファイル』 ファブリツィオ・グラッセッリ 文春新書 | トップページ | 浅草橋界隈 »

2014年1月 6日 (月)

ミニシクラメン

 昨日は小寒。花が少なくて寂しい時期だ。これは区の「花と緑の相談所」に咲くミニシクラメン。原種に近くとても丈夫で、庭に地植えにしても、寒さに耐えるとか。「篝火草」ともいうそうだが、ほんとうに小さな炎のようだ。俳句では春の季語。

Rimg0025_2
うちではふつうのシクラメンも、濡れ縁に出しっぱなしだけれど、元気に冬越しをして、5月くらいまで咲き続けます。シクラメンは、私の園芸趣味のきっかけになった花でもあります

« 『イタリアワイン マル秘ファイル』 ファブリツィオ・グラッセッリ 文春新書 | トップページ | 浅草橋界隈 »

写真」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰です。
今年もよろしくお願いします!
綺麗なシクラメン、私は毎年長くもたせられないです。

Lisaさん、お久しぶりです。こちらこそよろしく!
今は花がなくて寂しい時期ですよね。
冬の室内というと、ランでしょうか?
育てたことないです・・・。

シクラメンも室内でヘナ~ってさせてしまうことが多いです。
だから買わなくなってしまって。。。
蘭は珍しく昨年のが元気です、今年咲かせられるか?頑張ってみます。
まず栄養あげなくては-!

シクラメンのコツは、寒めに管理することだそうですよ。
東京なら濡れ縁とかで大丈夫。部屋の中は暖かすぎなことも。
ランは室内でないと、難しいのでしょうね。
うちは部屋には置く場所がありません・・・。
ランが咲いたら、見せてくださいね。
いつもありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548051/58894206

この記事へのトラックバック一覧です: ミニシクラメン:

« 『イタリアワイン マル秘ファイル』 ファブリツィオ・グラッセッリ 文春新書 | トップページ | 浅草橋界隈 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ