最近のトラックバック

« 駐輪場 | トップページ | 『なつ──樋口一葉 奇跡の日々』 領家髙子 平凡社   2013.04刊 »

2013年12月21日 (土)

石蕗の花

 久しぶりの晴で気持ちがいい。木陰に石蕗が咲いている。地味な花だが、黄色が冴えて美しい。冬の季語。

父の亡き母の十年石蕗の花  こはる

Rimg0024
公園の片隅に咲いていました。父は10年ほど前に亡くなり、母はその後ずっとひとり暮らしでした。ホームに入って1年半になります。よくやく馴染んでくれたかも。ホームの歳末・年始は行事が多くて、さぞ賑やかなことでしょう

« 駐輪場 | トップページ | 『なつ──樋口一葉 奇跡の日々』 領家髙子 平凡社   2013.04刊 »

俳句」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

日ざしを浴びて黄色が綺麗です。

Hanatareさん、いつもありがとうございます。
この花にだけ日が当たって、黄色が輝いて見えました。
見えたように撮るのは、難しいものです・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548051/58793566

この記事へのトラックバック一覧です: 石蕗の花:

« 駐輪場 | トップページ | 『なつ──樋口一葉 奇跡の日々』 領家髙子 平凡社   2013.04刊 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ