最近のトラックバック

« シシウド | トップページ | 下町船巡り 秋編 »

2013年10月 8日 (火)

『寂聴詩歌伝』 瀬戸内寂聴・齋藤愼爾 本阿弥書店

 詩歌をめぐる対談集で、齋藤氏が俳人である関係か、俳句に関連したものが多い。聞き手は主に齋藤氏、解説も書いている。瀬戸内晴美・寂聴さんを「無頼派最後の作家」と言っているのは、むべなるかな。巻末に寂聴作の句が60句、載っている。お好きという蕪村に似て絵画的。
 寂聴さんはマスコミの注目度が異常に高く、明らかに踊らされている感じがする。でもご本人もそれを百も承知で、自ら踊っているに違いない。どこか突き抜けた言動はやっぱり魅力的だ。出家してから書かれた一遍・良寛・西行の伝記が読みたくなった。

御山のひとりに深き花の闇  寂聴〉

Rimg0002

« シシウド | トップページ | 下町船巡り 秋編 »

読書メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548051/58345335

この記事へのトラックバック一覧です: 『寂聴詩歌伝』 瀬戸内寂聴・齋藤愼爾 本阿弥書店:

« シシウド | トップページ | 下町船巡り 秋編 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ