最近のトラックバック

« 写真展終了 | トップページ | シルバーフェスタ »

2013年7月 5日 (金)

家族会

 難病の患者会はときどきあって、ネットでも検索できるが、病気の家族会というのは、まだ珍しいものなのかもしれない。私は縁があって、もう20年ほど、いくつかの会に参加してきた。当初は家族としてはかなり若いほうだったが、今は「中堅」である。出席者は40代から80代にわたり、患者を支えて何十年という方も珍しくない。家族というのは、患者の親であるのがほとんどだが、まれにきょうだいだったり、患者の子供だったりすることもある。比較的静かな日々で来られた方もいれば、当初の数年は戦場のようだったと回顧される方もあり、いまだに不安と緊張の日々を強いられている方もいる。長年にわたる強いストレスから、家族が鬱や免疫に関係した病気になるケースが、非常に多い。
 家族会は情報交換の場として、とても有効だと思う。高齢化する家族自身の、暮らし方の参考になる話もたくさん出るし、難しい「患者離れ=子離れ」のヒントも得られる。家族会には大きく分けて、地域家族会と病院家族会があり、地域の会合は保健所で紹介してくれる。ちなみに地域の保健師さんは、(当たればだけれど)病気で混乱した家庭の、大きな助けになることが多いです。

Sdim0007
(タチアオイが咲いています。これはDP2で撮りました。発色が渋い?)

 

« 写真展終了 | トップページ | シルバーフェスタ »

介護・健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548051/57695362

この記事へのトラックバック一覧です: 家族会:

« 写真展終了 | トップページ | シルバーフェスタ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ