最近のトラックバック

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月31日 (金)

秩父 その3

 アザミが咲いているのに出会った。

R0012076

 そして麦の秋。

R0012144

 蕎麦の花も満開。

R0012176
3枚とも小鹿野で。一面の畑には出会いませんでした





2013年5月30日 (木)

秩父 その2

 音楽寺に行った。小鹿野に向かう丘陵地にあり、眺望がすばらしいところとして有名だが、秩父事件の地としても知られている。札所だが巡礼の人には会わなかった。

R0012045

 寺には江戸時代に造られた銅鐘があり、秩父事件では困民党がこの鐘を乱打して、市内に乱入したという。今でも誰でもつくことができる。ただし、そっと。いい音だ。

R0012050

 そばにはこんな墓碑が。「われら秩父困民党 暴徒と呼ばれ 暴動といわれることを
拒否しない」と読める。墓は1978年、秩父困民党決起100年記念事業委員会が建立したもの。墓の隣に困民党のことを書いた碑もある。困民党事件は多くの処刑者を出したはずだ。

R0012059

 寺から尾根に出ると十三地蔵が立つ(写真には一部だけ)。静かな時間が流れる。

R0012073
歌手が祈願する寺として有名だと聞いていたので、けばけばしいのではないかと想像していたら、全く違いました

2013年5月29日 (水)

秩父 その1

 秩父といえば、まず武甲山。西武秩父駅前に、どんと聳えている。最近は石灰岩の採掘を辞めたと聞いた。これで低くなるのが収まるかも(1300メートル以上ある)。

R0012040

 小鹿野に泊まった。歌舞伎で有名なところだが、今は季節ではなく静かな街だ。旅館は小鹿野でも古くかつては絹商人が宿泊したとか。食事がとてもよかった!

R0012129

 玄関を入ってすぐのところに、秩父銘仙の着物が飾ってある。触るのは自由?


R0012127

 そのすぐ先の廊下には、梅酒などの瓶が並ぶ。夕食にも出てきた。もちろん「いただきます」。


R0012090
カメラは結局、GXRにA16を付けて持って行きました。まあ、何とかなりました


2013年5月25日 (土)

ポピーの赤

 ただ、ひたすら赤い。赤いだけで、いいなあと思うことがある。

R0012018
(GXR・A16 月曜日から秩父に行く予定です。もっと小さいコンデジか、このGXRのセットかで、まだ迷っています。やはりこのほうがよく撮れる。脚を手術して2年余、歩くのは問題ありませんが、重い荷物が持てないまま。カメラ以外の荷物は、家族に持ってもらおうかな)

2013年5月24日 (金)

夏帽子

 暑くなった。タンスの奥から帽子を出す。以前、こんな句を作ったことがある。

母さんと手をつないだ日夏帽子  こはる

 今は老いた母の手を引いている、という気持ちが言外にあった。最近の句は、

夏帽子旅の仕方を子に尋ね  こはる

 やれやれ、歳は取りたくないもので・・・。

R0011982
(GXR A16 カメラのこの組み合わせを、少し重く感じることがあります。筋トレ不足? ブログに「俳句」カテゴリーを作ってみました。季節を少しだけ、表現できるといいのですが・・・)

2013年5月23日 (木)

『カコちゃんが語る 植田正治の写真と生活』 増谷和子 平凡社 2013/03

 植田正治の写真が好きである。この本の著者は植田の長女で、「写真に熱中するおとうちゃん」だった植田正治の思い出と、当時の境港の様子が、温かく淡々と語られている。植田の写真によく出てくる砂丘が、全部が全部、鳥取砂丘なのではなくて、米子の近くの弓ヶ浜も多かったのを初めて知り、何となくうれしかった。
 私の父は米子の出身である。きょうだいが多く、私には父方のいとこが30人近くいる。その多くが鳥取・島根の人を両親にしており、たまにいとこたちの会合に出ると、自分だけが山陰と東京のハーフではないかと思ってしまうほどだ(私の母は東京)。父が東京に出てきてくれたおかげで、今の自分の生活があるのだけれど、米子の小正月・とんどさんの話などを読むと、もう少し父の話を聞いておけばよかったなあと思わずにはいられない。

Rimg0001

2013年5月22日 (水)

バラ──高島屋ふう?

 今年はいつまでも寒く、そのうえいきなり暑くなったものだから、母のいるホームでも体調を崩す人が多い。母も発熱したりしたが、ここへきてようやく元気になった。見舞いの足も軽くなる。ホームのある一帯は古くからの住宅街。玄関に面して見事なバラが咲いていた。

R0011291

2013年5月18日 (土)

5月の土曜日

 いいお天気で気持ちがいい。水泳に行った後、近所の蛙池を通る。

Sdim0035

 お父さんも楽しそう♪ でも本当は「つり禁止」、こんな看板も立っている。

Sdim0037

 入っていいのは鳥だけ。例年、カルガモの親子が見られる。風が少しあって、水面が揺れていた。

Sdim0032
(DP2。40ミリの単焦点レンズなので、これ以上近寄れません。でも小さく軽いわりに、フィルムに当たる撮像素子が大きく、発色も自然なように思います)







2013年5月14日 (火)

光が丘のバラ園

 わが家は団地の1階で、小さな庭があり2本のバラが咲くのだが、今年は建物の大規模修繕工事中で、ほとんど咲けない状態。区の花と緑の相談所に隣接するバラ園で、満足するしかなさそうだ。

R0011282
今日も母のところに行きました。季節の変わり目で、90になろうとする母には大変そうです

2013年5月 9日 (木)

花屋で

 郵便局に俳句の会費を振込に行った帰り、大きな園芸店の前を通る。すっかり初夏の雰囲気だ。もうすぐ母の日なのに気づいた。

Sdim0005

Sdim0003

 母はホームにいて、花の面倒を見るのはもう難しい。でも、「もうできないから辞めておく」では、母も私も殺伐とした毎日になってしまうと思い直し、一鉢、贈ることにする。室内可、花が長持ち、あたりをちょっと華やかにしてくれる花を・・・で、選んだのはこれです。

Sdim0006
(カーラー、サトイモの仲間だったと思います。白や赤もありましたが、部屋が明るくなりそうな黄色にしました。ヘルパーさんも喜んでくれそう







2013年5月 8日 (水)

薔薇の季節

 わが家は団地の1階で小さな庭があり、目下、グラハム・トーマスという黄色のバラが満開である。今年はあいにく大規模修繕工事中で、花が工事のネットに引っかかりかわいそう。かなり強い匂いがある品種で大きく生い茂り、植えたときは高さ50センチくらいだったのに、今や私より背が高くなってしまった。8月と2月の剪定はやっているのだけれど・・・。

Rimg0041
2000年ごろ植えたような気がします。バラの寿命はどのくらいなのかしら? これはとても丈夫です。バラは世話が大変だとよく言いますが、そういう実感は全くありません

村上春樹『夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです』についての再録です。

〈最初から日本人がどういう風にこの世界で生きているかということに興味があるんですね。(中略)日本人的ななものというか日本的なものに興味があるんです。(中略)離れよう離れようと思いながら離れられない部分ということに。それは何かといえば、やっぱり日本における一種独特な前近代性みたいなものじゃないかなあ〉  

 あの村上がなあ、と思う人もいそうな発言だけれど、日本語で書く以上、日本人のメンタリティに興味があって当然なのだ。それは偏狭なナショナリズムとは全然違う。私もそうだったが、若いころには疎ましくさえあった「日本的」なるもの。それを描きたいという感じは、一見無国籍ふうに見える彼の作品から、いつも漂ってきたし、『ねじまき鳥クロニクル』以降は、いっそうはっきりしてきたように思う。このインタビュー集に副題をつけるとしたら、「日本語で書くということ」かもしれない。

2013年5月 5日 (日)

ハルジオン

 ハルジオンとヒメジョオンはそっくりで、私にはよく区別できない・・・。これはピンクが濃いので、ハルジオンかなと。愛らしく、ややはかなげに、道端に咲いている。これを見ると、小さかったころを思い出す。まだ玩具などが少なかった時代で、晴れてさえいれば終日、外で遊び、野草は友達のようなものだった。今はホームにいる母も、まだ若くきれいだった・・・。

Rimg0046
春紫苑と書くのだそうです。ちなみにヒメジョオンは、姫女苑だとか

2013年5月 3日 (金)

『荷風俳句集』 加藤郁乎編 岩波文庫 2013.04

 荷風の俳句だけではなく、漢詩や狂歌、それらに関係する随筆などが収められている。その中に「写真と俳句」という章があって、目を引きつけられた。62枚の写真とそれにまつわる俳句・漢詩・短文などが、写真1枚ごとに1ページになっている。被写体は吉原や玉の井などの路地から、隅田川や橋などの景観、荷風の旧居や偏奇館らしき建物までさまざま。荷風が写真好きでローライ(コードだったかフレックスだったか失念)をよく使ったのは知られているが、ここに載っている写真も多くは正方形である。
 荷風の句がどう評価されているのかは、私にはわからない。でも2度の離婚の後、最晩年までずっとひとりで暮らした荷風の、次の一文には心打たれた。

この家にむかし鷗外先生を迎へしことありけり(中略)なつかしき人々今は皆世を去り生のこりし我のみ一人後進の徒に侮り辱めらることを思ひて

     穴に入る蛇うらやまん老の果 

R0011960

2013年5月 1日 (水)

ハクウンボク(白雲木)

 白い花が房のようになって垂れ下がる。エゴノキの仲間ではないかと思って調べたら、やはりそうだった。団地の端に数本、立っている。

Rimg0023

 そばは工事の真っ最中。

Rimg0020
(6月末までかかるそうです。最近、蚊帳の中の生活にも慣れてしまって、そんなに鬱陶しく感じなくなりました。工事の人がみなさん、きちんとしているのが大きいのかもしれませんね




« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ