最近のトラックバック

« 『樋口一葉考』 中村稔 青土社 | トップページ | 山茶花 »

2013年2月 4日 (月)

『老いのくらしを変えるたのしい切り紙』 井上由季子 筑摩書房

 美大出身の著者が、父親(別居)と姑(同居)に切り紙を勧めたところ、どちらもたいへん乗り気になって、2人の生活が活性化されるのを描いた本である。切り紙工芸を通して親子の会話が深まり、娘が親のかつての社会的活躍を、ありありと想像するあたりは実にいい。作品もモダンで魅力があり、やがてカードのデザインとして注文を受けるようにさえなる。著者の主宰する「モーネ工房」が、独特なアート活動をしているのは、インターネットのホームページで見ることができる。

Rimg0022
(どちらの親御さんも80になる前に開始。私の母は絵が大好きだけど90近い高齢です。同じようにはいかない・・・。親に寄り添う姿勢に、とても感銘を受けました)

« 『樋口一葉考』 中村稔 青土社 | トップページ | 山茶花 »

介護・健康」カテゴリの記事

読書メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548051/56698637

この記事へのトラックバック一覧です: 『老いのくらしを変えるたのしい切り紙』 井上由季子 筑摩書房:

« 『樋口一葉考』 中村稔 青土社 | トップページ | 山茶花 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ