最近のトラックバック

« コゲラ | トップページ | 『大阪アースダイバー』 中沢新一 講談社 »

2012年12月 3日 (月)

『歴史の愉しみ方』 磯田道史 中公新書 2012.10

 『武士の家計簿』で有名な著者は、今年の4月に転職、茨城から静岡にやってきた。その原因は東日本大震災。被災したわけではなく、東南海地震の研究に、古文書解読力で寄与したかったからだというのだから、それだけでこの小さな本を読む価値は、充分あるのではないだろうか。ある章はこうして始まる。

三〇〇年前の公家に恐ろしいことを教わったから書いておく

Rimg0050
著者は現在、浜松在住。東南海地震では大津波が予想される地だそうです

« コゲラ | トップページ | 『大阪アースダイバー』 中沢新一 講談社 »

読書メモ」カテゴリの記事

コメント

ハイ、年末読書リストに入れて是非読みます!(?)

震災に関係するのは一部なのですが、とても説得力があります。
すぐに読めちゃうと思います。

ふむふむ、私も備忘録に追加しておこう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548051/56244478

この記事へのトラックバック一覧です: 『歴史の愉しみ方』 磯田道史 中公新書 2012.10:

« コゲラ | トップページ | 『大阪アースダイバー』 中沢新一 講談社 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ