最近のトラックバック

« 仁和寺 | トップページ | 秋深し »

2012年11月 6日 (火)

『冷えとり大人のふだん着』 青木美詠子 メディアファクトリー

 京都旅行のときから風邪をひいてしまい、大したことはないものの、なかなか治らない。もともと寒がりなこともあって、こんな本をのぞいてみた。寒がり克服の基本は頭寒足熱! 今さらのように納得する。しかし靴下4枚、スパッツ・レギンスも4枚という世界があるとは、今まで知らなかった。皮膚に直接触れる下着や靴下は絹がいちばんで、そこに綿やウール、化繊などを重ね着するのが、暖かさを保つコツだとか。とりあえず絹のソックスをはいてから、今までのソックスをはいてみようかな?

Rimg0001

« 仁和寺 | トップページ | 秋深し »

読書メモ」カテゴリの記事

コメント

そうなんです。いつの間にか冷え性になっている自分を発見。それでも上には上がいるものですね。今回の旅もたくさん下着を持参したのですが、暖房完備で出番は少ないです。お大事に・・・・

トルコは寒いんじゃないかと心配してました。よかった!
しかしまあ、スポーツジムで、ソックス4枚、スラックス下4枚なんて、
脱げると思いますか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548051/56057326

この記事へのトラックバック一覧です: 『冷えとり大人のふだん着』 青木美詠子 メディアファクトリー:

« 仁和寺 | トップページ | 秋深し »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ