最近のトラックバック

« 『三四郎はそれから門を出た』 三浦しをん ポプラ文庫 | トップページ | ザクロの実 »

2012年8月31日 (金)

『中村屋のボース』 中島岳志 白水Uブックス

 単行本は2005年の刊行、その時から気になっていたが、今回新書になったのを機会に入手。学生時代に相馬黒光(中村屋サロン女主人)の「黙移」などを読んでいたので、ひどく懐かしい気持ちになったのと同時に、自分の知識が文芸に偏っていたのを痛感した。ボースの評伝のかたちを取りながら、第一次大戦から太平洋戦争末期までの日本の政治情勢がよくわかる。すべて西暦表記なのが、わかりにくいという批判がネット上にあったが、私はこのほうがいいと思う。ひとりでに世界史の中で考えようとするから。
 ボースは日本国籍を取り、終戦直前に日本で亡くなった。息子は日本軍の一員として、沖縄で戦死している。ボースはインド独立を願いながら日本の生活になじみ、軍部の大東亜共栄圏思想にも、批判する力を持ちながらも協力した。その姿は私の母一家の戦前の生活を想像させる。母の父(私の祖父)は蒋介石と親しく大陸で大きな商売をしていたし、兄(同伯父)の一人は海軍将校だった。戦後67年、祖父はとうに亡くなり、母や伯父たちも90歳を超えて彼岸に渡るのが近い。あの戦争とは何だったのだろうか? 私はこだわりを捨てられないままでいる。

Rimg0011_3
(私自身は戦後生まれです。中村屋のインド・カリー、涼しくなったら食べに行きたい!)

« 『三四郎はそれから門を出た』 三浦しをん ポプラ文庫 | トップページ | ザクロの実 »

読書メモ」カテゴリの記事

コメント

相変わらずの読書量!
私は、図らずも7月24日から入院中です。
読めそうで読めないのが、病院です。
やっぱり、怠いし、病気だから、テレビや新聞も全然です。

Lisaさん、お久しぶりです。ブログの更新がないので、気になっていました。
入院とはいけませんね。心配です。
私は、あんまり暑くて出られないので、しかたなく本を読んでいるのですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548051/55547887

この記事へのトラックバック一覧です: 『中村屋のボース』 中島岳志 白水Uブックス:

« 『三四郎はそれから門を出た』 三浦しをん ポプラ文庫 | トップページ | ザクロの実 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ