最近のトラックバック

« 梅雨の中休み | トップページ | パソコンが熱中症? »

2012年7月11日 (水)

『母に歌う子守歌』 落合恵子 朝日文庫

 副題は「わたしの介護日誌。正編と続編の2冊があって、落合さんの2000年から7年にわたった、実母の在宅介護記録である。お母様は79歳で倒れたとき、腎臓の1つが不全、多発性脳梗塞、パーキンソン、アルツハイマーと、4つの大きな病気を抱えておられた。私も今、母を施設介護していて、病態のうち最初の2つは落合さんのお母様と同じである。いずれ母にも訪れる重い介護を想像し、身につまされて読んだ。落合さんはこれを書くことで、介護問題が社会的話題になるのを、強く希望されている。
 見事な在宅介護だと思った。でも在宅介護だけが美しいように思われるのは、落合さんの意向に合わない。自宅に多くの介護メンバーを入れ、自己負担額は月に20~40万にもなったと書かれているが、誰にでもできることではないのは明白だ。介護保険は改訂されるたびに使いにくくなり、介護度がつかないと施設に入れないことも多くなった。入れても介護度なしだと、より高額な費用を取られるケースがほとんどだ。
 誰にでもいずれは訪れる介護の日々、希望を捨てず結縁(血縁だけでない)を大切に、長い介護の日々を乗り切った著者に乾杯!

R0011486_2
(認知症への対応に心打たれました。「どうせわかんないだろう」ではないのです! 胃瘻についても考えさせられることが多く、しばらく座右の書となりそうです)

« 梅雨の中休み | トップページ | パソコンが熱中症? »

介護・健康」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

読書メモ」カテゴリの記事

コメント

自分が介護を受ける立場になった時は、子供には迷惑をかけたくないと思っていますが、、、。

みんなそう思っているのではないでしょうか。
実際には、親の超長生きが普通になって、子供も高齢となり、
老老介護が深刻になってきていると思います。
施設介護なので、私は楽をしているもかも。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548051/55171580

この記事へのトラックバック一覧です: 『母に歌う子守歌』 落合恵子 朝日文庫:

« 梅雨の中休み | トップページ | パソコンが熱中症? »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ