最近のトラックバック

« 名前は? | トップページ | 悉皆屋 »

2012年5月23日 (水)

『マヤ文明』 青山和夫 岩波新書

 歴史・考古学ものが好きで、ときどきこんな本を読む。副題は「密林に栄えた石器文化」。神秘に満ちた謎の文明というふうに語られるマヤ文明が、最新の研究結果を踏まえて生き生きと紹介されている。どうもそれほど神秘的でも偏狭でもなかったようで、天文学と占星術に凝り人身御供ばかりしていたというイメージは、今までの本の「偏向」が生んだものだったらしい。まして、マヤ暦が世界の終わりなんか、予見するはずがないのである。筆者は50歳になる前に、マヤ文明を紹介する新書を出したいと、強く念願していたそうだが、その熱意が伝わってくる読み応えのある本。

R0011253_2
(老母のことでアタフタと暮らしていましたが、ようやくこんな本が読めるようになりました。忙しいとつい、読めもしない本を買い込む悪い癖があるのですが)

« 名前は? | トップページ | 悉皆屋 »

読書メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548051/54783244

この記事へのトラックバック一覧です: 『マヤ文明』 青山和夫 岩波新書:

« 名前は? | トップページ | 悉皆屋 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ