最近のトラックバック

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月30日 (月)

『老人ホーム選びは他人にまかせるな!』 本岡類 光文社新書

 老人ホーム勤務経験のある筆者の、迫真のリポート。おもに特別養護老人ホームと有料老人ホームについて、制度上の説明から実態まで、詳しく語られている。もし老人ホームを利用するつもりがあるのなら、まだ元気があるうちに、実際に施設を見学し、体験入居をしたほうがいいと、著者は力説している。自分に向いた施設を探すのは、なかなか体力のいる作業だからである。多くは家族に探してもらうことになる。そんなわけで、ホームの家族の利用経験談はときどき目にするが、当事者の意見はほとんど聞こえてこない。当事者はもう発信能力に問題が出ているのだろうか? これからはネットでも、老人ホーム価格.comのようなものが充実して欲しいと、団塊の世代としては思います。

R0011221

2012年4月28日 (土)

鯉のぼり

 もうすぐ子供の日。近くの区立「花と緑の相談所」には、鯉のぼりが揚がっている。団地の中では大きいのが少ないから、こういうのを見ると何となくうれしい。

P1010824
(うちは女の子しかいないのですが、彼女は小さいとき、鯉のぼりをさかんに欲しがりました。かっこいいものね)

2012年4月24日 (火)

うちのそばで

 団地の棟を出るとすぐに、小さな花壇がある。手入れしすぎでないところが、気に入っている。ボランティアの方が、お世話してくださっているそうだ。ときどきいっせいに植え替わる。これはまだ春バージョンです。

R0011191

R0011190
(風邪を引いて、しばらく出られませんでした。今日はいい天気、八重桜がはらはらと散っています。もうじきゴールデンウィークなんですね)

2012年4月21日 (土)

八重桜

 あまりいいお天気ではないのだが、近所の八重桜が満開なので、ちょっと見に行く。土曜日なので、子供たちが遊んでいた。

R0011205

 そばには蘇芳(すおう)の花が。紅色に染まるというが、花を煎じるわけではないらしい。

R0011201
(GXRに50ミリ。明日は雨の予報です。散ってしまうのかなあ・・・)

2012年4月19日 (木)

東洋文庫

 東洋文庫の見学会に参加した。30年ほど前に、仕事で何回か来たことがあるのだが、最近きれいに建て直されて、ミュージアムが公開となった。なかでもモリソン文庫の書架は、圧倒される迫力だ。

R1011591
(GRDⅡ 暗いので、きれいに撮れません・・・)

 展示品のなかに、アダム・スミスの「国富論」を発見。初版だそうである。

R1011579

 館内の撮影は自由。ただしフラッシュは使えない。

2012年4月16日 (月)

『わたしの普段着』 吉村昭 新潮文庫

 著者最晩年のエッセー集。寝る前に気楽に読むつもりだったのだが、引き込まれた。歴史小説の主人公には、いつも転換期に生きる人を選んだという一文を発見。そういえば、幕末維新や終戦前後の人物が多いかもしれない。行きつけだった鮨屋のことなど、日常生活にまつわる飾らない話も多く、井の頭公園のすぐ隣に住み、折り目正しく律儀に生きた吉村の姿が、鮮やかに浮かんできた。

R0010956
(エッセーには「本当のことしか書かない」と断っています。ときには「まさか~」という話もあって、笑えました)

2012年4月15日 (日)

リンゴの花

 団地の小さな庭に立つリンゴの木に、花が咲いた。いつも桜の直後に咲く。8月末には実もなるのだけれど、残念なことにあまり甘くない。手入れらしいことをしないから、しかたないのかも。

R0011180
(GXRに50ミリで。やや高いところに咲いていて、背伸びしてやっと撮りました。プラス補正をしています)

R0011177
(こちらは隣に立つグミの花。毎年たくさん咲くのですが、実になるのは1つか2つだけ)

2012年4月13日 (金)

団地のシダレザクラ

 咲き誇っている。明日は雨だそうだから、これで来年まで、見納めかもしれない。

R0011161

2012年4月 9日 (月)

モクレンの花

 今年はモクレンの花が、桜と同時期に咲いた。いつもなら当然ながら、モクレンのほうがずっと早く咲くのに。花数も少ないように思う。

R0011101

 白いほうには、おや? 誰かいる。

R0011110
(コブシとモクレンの区別がつきません。どちらもmagnoliaだそうですが・・・)

2012年4月 8日 (日)

午後の桜

 昼を過ぎてから近所の桜を見に行く。満開であたりはいい匂い。歩道橋の脇の一枝に、午後の陽が当たっている。

R0011086

2012年4月 7日 (土)

花盛り

 いっぺんに、いろいろ咲いてきた。北国みたい? 白子川のほとりで。

R0011068
(レンギョウの花が好きです。奈良の不退寺、また行ってみたいなあ)

2012年4月 6日 (金)

『「フクシマ」論』 開沼博 青土社

 原発事故直前に修士論文として書かれ、事故後3ヶ月で出版、版を重ねている話題の本。論文としての題は「戦後成長のエネルギー──原子力ムラの歴史社会学」だったとか。

本書の目的は日本の戦後成長における地方の服従の様相を明らかにすることにある

〈(前略)原子力ムラ原発がある地域のこと・こはる注は原子力によってムラにもたらされたアイデンティティや中央の文化を、決して他者によって設計され無理やり押し付けられたというわけではなく、自ら取り込みながら包摂していったということができるだろう
 
「このままではいつか、とんでもないことになる」と著者は思っていたそうだ。そのくらい危うく原発に依存addictionして、私たちは現代生活を送っているのかもしれない。この本の評価は、あちこちの書評・レビューに書かれているので、どうかそちらも参考にしてください。
 著者の指導教官のひとりだった上野千鶴子氏は、本書の帯に、このような文を寄せている。

原発は戦後成長のアイコンだった。フクシマを生み出した欲望には、すべてのニッポンジンが共犯者として関わっている

R0010954
(誤植が多く読点も不自然で、急いで作られた本という印象です。でも早く出てよかった)

カタクリ

 練馬の奥には、カタクリの自生する公園がある。今日で八分咲きになったそうだ。週末はさぞ混むことだろう。

R0011061

 すぐそばを白子川が流れている。こちらは桜が満開!

R0011073

2012年4月 2日 (月)

春到来

 4月になってやっと春らしくなり、近所の花が咲き始めた。久しぶりにカメラを持って、ゆっくり近所を散歩する。

R0010961s

R0011001

R0011015
(シダレザクラ、ボケ、レンギョウ。どれも自宅から徒歩2分。カメラはGXR、50ミリレンズです)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ