最近のトラックバック

« 『コンニャク屋漂流記』  星野博美 文藝春秋 | トップページ | 濡れ縁のシクラメン »

2012年1月12日 (木)

『スカイツリー 東京下町散歩』 三浦展 朝日親書

 楽しく読めるだけでなく、充実した内容でとてもよかった。お気楽なガイド本を、頭ひとつ抜けていると思う。川向こうに行くときは、ぜひ持って行きたい。
 下町と一口に言っても、著者によれば3つに分類されるそうで、1は江戸時代に形成された日本橋・神田、2は明治の上野・浅草、3は大正・昭和の隅田川東岸の深川など、4は高度成長期以降の荒川東側の柴又など。そしてこの本に出てくるのは、3と4ばかりである。国勢調査の資料などの図版もたくさんあって、この地域のことが情緒に過分に頼らなくてもよくわかる。
 練馬からは遠い。大江戸線がなかったら、行かなかったに違いない。

R1011442

« 『コンニャク屋漂流記』  星野博美 文藝春秋 | トップページ | 濡れ縁のシクラメン »

読書メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548051/53719949

この記事へのトラックバック一覧です: 『スカイツリー 東京下町散歩』 三浦展 朝日親書:

« 『コンニャク屋漂流記』  星野博美 文藝春秋 | トップページ | 濡れ縁のシクラメン »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ