最近のトラックバック

« 『「断腸亭日乗」を読む』 新藤兼人 岩波現代文庫 | トップページ | 『旅する江戸絵画──琳派から銅版画まで』 金子信久 ピエ・ブックス »

2011年11月21日 (月)

晩秋

 午後もだいぶたってから、近所の公園を散歩する。今日は日が差したり陰ったり。

R0010364
(足元。平地を歩くのには、もう不自由ありません)

 橡の葉がバサリと落ちた。厚紙でできているみたい。
R0010377_2

 これも黄葉が始まっている。華やかではないけれど、美しいと思う。
R0010381_2
(Ricoh GXR S10)

« 『「断腸亭日乗」を読む』 新藤兼人 岩波現代文庫 | トップページ | 『旅する江戸絵画──琳派から銅版画まで』 金子信久 ピエ・ブックス »

写真」カテゴリの記事

コメント

いかにも晩秋を感じさせる写真ですね。歩けるようになって本当に良かった!

すっかり寒くなってしまいましたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548051/53299292

この記事へのトラックバック一覧です: 晩秋:

« 『「断腸亭日乗」を読む』 新藤兼人 岩波現代文庫 | トップページ | 『旅する江戸絵画──琳派から銅版画まで』 金子信久 ピエ・ブックス »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ