最近のトラックバック

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月30日 (金)

京都──少女たち

 4年前の秋の京都旅行から。清水寺への坂道の途中。修学旅行生ではないだろうか。

Fh000026
(カメラはローライ35、フィルムです。このくらいの階段なら、何とか昇降できるようになりました)

2011年9月28日 (水)

京都・亀岡のコスモス

 今日の東京は爽やかな快晴。日向は少し暑かった。風にコスモスが揺れている。昭和記念公園のコスモスが有名なのだが、今は先日の台風にやられてダウン中だとか。10月になれば見られるだろうとのことだった。というわけで、この写真は京都、嵯峨野のトロッコ列車終点駅・亀岡です。上の写真の後ろの建物は亀岡駅舎。

Fh010033

Fh010032
(ローライ35・ネガフィルム。来年春にはまた、京都に行くつもりです♪)

2011年9月26日 (月)

バナナの花

 熱帯植物園でバナナの花がついた。咲いたのかどうか、わかりません・・・。まだなのかも。またこの季節に咲くものなのかどうかも、よくわからない。

F1000019
(買い物のついでに寄ったので、携帯電話しか持ち合わせず、それで撮影

2011年9月23日 (金)

『ウィンター・ビート』  サラ・パレツキー・著 山本やよい・訳  ハヤカワ文庫

 久しぶりにハードボイルド・ミステリーを楽しむ。ウォーショースキー・シリーズの11作目。ボディペインティングのショーから始まり、イラク戦争から民間軍事会社まで、事件は広がっていく。いつものように、歯切れよくスピーディに。
 主人公のV・ウォーショースキーは女性私立探偵で、シカゴのダウンタウン育ち、従兄にくっついて街で喧嘩に明け暮れていた時期のある、自称ストリート・ファイターである。後にシカゴ大学を卒業、弁護士になった。父がポーランド系、母がイタリア系という出自で、母の影響でクラシック音楽をたしなみ、ピンチのときにアリアを口ずさむ癖がある。この主人公の魅力で、シリーズは30年近く続いている。ちなみに主人公も、ゆっくりながらちゃんと歳をとっていて、目下50歳手前くらい。
 著者は1947年生まれ、さまざまな賞に輝く推理小説界のベテランで、9・11以降のアメリカの内向きナショナリズムを問い続けるリベラリストでもある。

P1020223
(アクセス数がいつの間にか1万を超えていました。皆様、ありがとうございます。ボンヤリしていてすみません・・・)

2011年9月17日 (土)

真珠──庭園美術館の照明2

これも灯り。真珠のアクセサリーを連想させる。アールヌーボーほど華麗でないのが、いいところなのかも。

R0010134

2011年9月16日 (金)

金平糖──庭園美術館の照明

 目黒の東京都庭園美術館にある灯り。金平糖そっくりでかわいい。今年も10月6日から建物公開で、写真撮影もできる。

R0010121
(Ricoh GRDⅡ 数年前の秋、やはり建物公開のときに撮りました。ここの照明器具はとてもすてきです♪)

2011年9月13日 (火)

コスモス

 俳句の次回の兼題は「コスモス」。まだ咲いていない。というより、この暑さで、花探しどころではない。もうじき、こういう景色が見られるかな。

Img_0554
(ずいぶん以前に東村山で撮影しました。このときも暑かったような記憶があります)

2011年9月12日 (月)

十五夜

 中秋の名月。先ほど外に出たら、大きな月が棟の上に出ていた。十五夜で満月は6年ぶりなのだそうだが、何だか不思議に思ってしまう。陰暦カレンダーを見た。なるほどなあ。

P1010923_3
(昔の暦や時刻の表現は、よくわからないことが多いです。トホホ)

2011年9月10日 (土)

もうちょっと

「まだ暑いですなあ」
「もうちょっと、ですかな」
「夏の疲れでしょうかね、眠いですわ・・・」

P1010821s
(Ricoh GRDⅡ 柳橋付近で)

2011年9月 6日 (火)

菊坂

 久しぶりに本郷へ。菊坂の上にはちぎれ雲で、秋を感じる。この先に、一葉の旧居跡があるのだが、今日は暑くて、あまり歩けなかった。次回の楽しみにしよう♪

F1000005s_2
(やっと晴れましたね。携帯電話のカメラで撮影してみました)

2011年9月 4日 (日)

『百物語』 杉浦日向子 新潮文庫

 漫画の怪談なのだが、おどろおどろしいようなところはまるでなくて、静かでしんみりした話がほとんど。暑さに疲れた身には、とても心地よかった。あの世とこの世のあわいを語るものが多く、杉浦さん独特の絵から、江戸の人々生活が、その内面まで想像されてしまう。

P1020184_2
(文庫だけれど700ページ近い厚さ。昔話に似た変身・憑依譚も多く、思いつきで書かれた話ではなくて、言い伝えや原典があるのかもしれないと思いました。ちゃんと99話で終わっています)

2011年9月 3日 (土)

落柿舎2

 東京練馬区は、夜中からずっと風が強くて、ヒューヒュー音がする。雨は今のところ降らない。台風はいつになったら過ぎてくれるのだろう?

Fh010016s
(前回と同じ時に撮ったもの。これでも雨具なんですよね)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ