最近のトラックバック

« 立葵 | トップページ | 七夕 »

2011年7月 5日 (火)

『藤沢周平のすべて』 文藝春秋編  文春文庫

 藤沢周平の追悼集で、対談も加えると、著者は50人を超えそうだ。年譜・作品目録(藤沢自身のエッセーなどからの注釈つき)がついているので、私のような不案内な者には、とても便利な本である。
 藤沢の時代小説に出てくるのは、現代人だと思う。以前はそれが気になった。でも入院中に何冊も続けて読んでいたら、それだからこそ今の人に愛されるのだという、至極当たり前のことに納得。まだ読んでいない作品がかなりあるのが、うれしくなった。なるべくゆっくり読もうと思っている。

P1020143

« 立葵 | トップページ | 七夕 »

読書メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548051/52126851

この記事へのトラックバック一覧です: 『藤沢周平のすべて』 文藝春秋編  文春文庫:

« 立葵 | トップページ | 七夕 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ