最近のトラックバック

« 八重桜の道 | トップページ | 菜花 »

2011年4月20日 (水)

『「悲しき熱帯」の記憶』 川田順造 中公文庫 &『楽しき熱帯』 奥本大三郎 講談社学術文庫

 震災以来、どの本も「絵空事」のように見えてしまって、楽しむことができない。とくに今っぽいものがダメで、どのような物語・エッセー・評論を読んでも、「最後に大震災が来たら、成り立たなくなる話ではなかろうか」と思ってしまう。
 そんなわけで、現代日本からかけ離れた本を読んだ。どちらもアマゾンのルポ。そしてどちらもレヴィ=ストロースと深い関係がある。『悲しき熱帯』に直接言及しているところはごくわずかなのに、その大きな存在をひしひしと感じさせる。

P1020067
(一葉関係の本を、ゆっくり読み直しているところです)

« 八重桜の道 | トップページ | 菜花 »

読書メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548051/51443766

この記事へのトラックバック一覧です: 『「悲しき熱帯」の記憶』 川田順造 中公文庫 &『楽しき熱帯』 奥本大三郎 講談社学術文庫:

« 八重桜の道 | トップページ | 菜花 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ