最近のトラックバック

« 灯り | トップページ | 明けましておめでとうございます »

2010年12月31日 (金)

『本郷界隈』  司馬遼太郎 朝日文庫

 本郷には縁があって、若いころ仕事で何回も訪れた。そのころは大きな病院があることさえ知らなかった。当時と比べて、地下鉄丸の内線・本郷三丁目駅を出たあたりは、驚くほど変わっていないような気がする。
 司馬が週刊朝日にこれを連載していたのは、1991年8月から92年2月。東大の前身・加賀屋敷から話を始め、見返り坂、根津神社、岩崎邸、湯島天神、菊坂などを歩き、最後は三四郎池で終わる。文学散歩ではないので、加賀屋敷や水戸藩邸関連の人々や、明治のお雇い外国人などもたくさん出てくるが、場所柄ゆえ漱石・鴎外・一葉の話も多く、本郷を語ってこれほど詳しく豊かな本は、ほかにないかもしれないと思った。私は司馬ファンにはほど遠いのだが、この「街道をゆく」シリーズは好きである。

P1010509
(これは旧版。今は新装版が出ている)

 今日は大晦日。この1年、ブログを見ていただき、ありがとうございました。

« 灯り | トップページ | 明けましておめでとうございます »

読書メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548051/50448311

この記事へのトラックバック一覧です: 『本郷界隈』  司馬遼太郎 朝日文庫:

« 灯り | トップページ | 明けましておめでとうございます »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ