最近のトラックバック

« 日曜日の銀杏並木 | トップページ | 日が差してきた »

2010年11月21日 (日)

『拾って楽しむ 紅葉と落ち葉』 写真・平野隆久 文・片桐啓子  山と渓谷社

  秋になると、居間のテーブルの隅に、この本が置かれることになっている。さまざまな樹の紅葉・黄葉した葉っぱが、あるものは1枚大写しで、あるものは枝ごと並んでいて、図鑑というより美術書のように美しく、格調さえ感じられる。
 この本で知った樹の名前は多い。団地の入り口にある大木は、モミジバフウというらしい。先日、道に散らばっていたこのきれいな赤紫の葉は、ナンキンハゼだった。

P1010893

本はこちら。10年ほど前に出たもの。
R1010963_2

« 日曜日の銀杏並木 | トップページ | 日が差してきた »

読書メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548051/50089804

この記事へのトラックバック一覧です: 『拾って楽しむ 紅葉と落ち葉』 写真・平野隆久 文・片桐啓子  山と渓谷社:

« 日曜日の銀杏並木 | トップページ | 日が差してきた »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ