最近のトラックバック

« 銀杏の黄葉 | トップページ | 野紺菊 »

2010年11月 9日 (火)

赤い靴

 トルコのお土産に、毛糸でできた赤い靴のミニチュアをいただいた。全長8センチで、手作りなのだそうである。トルコの女性は、よくこうした手仕事をするのだろうか。日常で履く靴下にも、こういうデザインのがあるのかしら? もっとよく話を聞いておけばよかったなあ。

P1010414
(GF1 Macro-Elmarit 45mm f2.8)

« 銀杏の黄葉 | トップページ | 野紺菊 »

写真」カテゴリの記事

コメント

これと同じような靴下は数年前まで売られていたように思います。 今は、足首下の靴下が主流のようで、手編みは機会編みの5倍ぐらいの値段。  トルコは日本と同様、室内では靴を脱ぐのでスリッパ替わりとしても重宝、絨毯の上では滑って転ぶこともないようです。
結婚が決まると花嫁の母は「結婚仕度屋」で寝具などの準備におわれます。母親手製の刺繍や編み物を寝具の部分的な淵飾りなどにしてもらうようです。 これはそんなお店で求めました。 膝痛の回復を願って・・・・

観光客目当てのお土産屋さんではなかったのですね。感激です!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548051/49978823

この記事へのトラックバック一覧です: 赤い靴:

« 銀杏の黄葉 | トップページ | 野紺菊 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ