最近のトラックバック

« 前線が通過中 | トップページ | ミツバチの巣 »

2010年9月16日 (木)

40年前の色鉛筆

 片付けものをしていたら、古ぼけた色鉛筆の箱が出てきた。何と69年12月に買ったらしい。あまり使わなかったようで、減っていない。ドイツ製とある。すっかり忘れていたが、まだ使えるだろうか。絵はこの40年、子供と遊んだ時期を別にすると、ほとんど描いていない。光陰矢のごとしを実感。

 P1010113

P1010117
(今日は雨で暗かったので窓辺に持ち出し、GF1で撮った。上は20ミリで絞りf1.7、下は45ミリでf3.5。どちらも開放になったのは暗いからで、考えたわけではありません)

« 前線が通過中 | トップページ | ミツバチの巣 »

写真」カテゴリの記事

コメント

オヤッ?
黄色だけ使い込んでありますね。しかも肥後守で削ったような荒削り
なんだか物語がありそうです。
こはるさん、この40年ぶりの色鉛筆で、豆本の表紙をかざってくれませんか。
ぜひお願いします。(何枚でもいいですから)

絵はもともと下手で、おまけに40年も描いていないのです。豆本のために描きたいけど、できるかなあ。時間がかかってもよろしいでしょうか? それにしてもなぜ今、押入の箱の底から出てきたんでしょう? 別のものを探していたんですけど。 

それはね、
描いてあげなさい、という天の声なんですよ(笑)
12月31日が〆切になっています。

お店で2つを手に持って、結局G2を買いました。
いまマニュアルと格闘しています。
なんでこんなにわかりにくいのだろう。

それはおめでとうございます。小さなボタンでたくさんの機能を切り替えるのが、今のデジカメですよね。私はもう覚えられないです。古いライカは、レンズで絞りを決めたら、あとはピントとシャッター速度の2カ所しか触るところがなくて、今よりずっと簡単だったと思うのですが・・・。そのうち古いレンズで撮られた写真を、ぜひ見せてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548051/49465736

この記事へのトラックバック一覧です: 40年前の色鉛筆:

« 前線が通過中 | トップページ | ミツバチの巣 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ