最近のトラックバック

« ドライミスト | トップページ | 40年前の色鉛筆 »

2010年9月13日 (月)

前線が通過中

 夕方の西の空、太陽が沈もうとしている。雲が出てきて、風も吹いてきた。今日も蒸し暑かった。明日から涼しくなるそうで、とても期待している。

R1010853
(Ricoh GRDⅡ)

« ドライミスト | トップページ | 40年前の色鉛筆 »

写真」カテゴリの記事

コメント

このごろ朝焼け夕焼けがきれいですね。
広間は浜松は思ったよりも涼しくはなかったですね。
贅沢をいってはいけませんが。
どうですか。行動範囲は増えましたか?
GF1を購入しようと思っていたら
おなじパナのG2も選択肢のひとつだよというご意見を
いただきました。こはるさんならどう考えられますか。
カメラを買うときいつもこういうことで悩みます(笑)

広間ではないですね。
昼間です。校正がおそまつでした。
ついでに
本の表紙にかぶせるカバーと
いわゆるブックカバーとは呼び名をどうやって
区別するのでしょうか。
両方ともブックカバーと言っているようですが。

東京も涼しくなりきれていない感じです(^o^)。もう少しなんでしょうね。これはうちのすぐ前で撮ったものです。脚は脛骨の陥没骨折で、もう完全には治らないのですが、水泳などのリハビリの効果で筋力が回復し、平地はそれなりに歩けるようになりました。ご心配いただき、ありがとうございます。
GF1にしたのは、ボディがいちばんすっきり仕上がっていて、凸凹がなく、買い物バッグにも、入れやすそうだったからです。サイズ最優先で選びました。それとカッコイイので・・・。G2はボディに手ぶれ補正があるし、何より付属電子ファインダーが、GF1よりきれいに見えます。性能ならG2、コンデジのように気軽に使いたければGF1、と思いますが、いかがでしょう。オリンパスのマイクロフォーサーズという選択も、ありますね。

〉本の表紙にかぶせるカバーと
〉いわゆるブックカバーとは呼び名をどうやって
〉区別するのでしょうか。

書籍の表紙の上にかける覆い紙が、カバーですよね。私の使っていた『校正技術 上・下』(日本エディタースクール)にも、図入りでそう書いてあります。別売りのブックカバーが、ただカバーと呼ばれることは、あまりないように思いますが、用語としての区別はよくわかりません。書籍の製作関係には詳しくなくて、すみません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548051/49438561

この記事へのトラックバック一覧です: 前線が通過中:

« ドライミスト | トップページ | 40年前の色鉛筆 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ