最近のトラックバック

« 『生物と無生物のあいだ』 福岡伸一 講談社現代新書 | トップページ | 『野の花さんぽ図鑑』 長谷川哲雄 築地書館 »

2010年8月16日 (月)

山下埠頭のカモメ

 東京の南部で育ったので、横浜は懐かしい街である。氷川丸の繋留鎖に並ぶカモメたち。涼しそうでうらやましい。
追記:これは数年前の撮影です。

Img_0725s
(現在は区部の北端に在住。昨日は37.1度になったが、今日は38度を超えたらしい)

« 『生物と無生物のあいだ』 福岡伸一 講談社現代新書 | トップページ | 『野の花さんぽ図鑑』 長谷川哲雄 築地書館 »

写真」カテゴリの記事

コメント

ああ、なつかしいなあ。
小学校から大学を出るまでこの近くの高台にいました。
今でも実家に行くとこの大桟橋まで散歩しますが
必ずこの鴎の水兵さんがずら~っと並んで出迎えてくれます(笑)
毎年10月14日、この近くの中華街で中学の同級会があります。

横浜育ちでいらしたのですね。私は中学・高校が東横線沿線で、私立だったものですから、級友に横浜の子がたくさんいました。多摩川を渡るとじきに横浜、そんな感覚が今もあります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548051/49160388

この記事へのトラックバック一覧です: 山下埠頭のカモメ:

« 『生物と無生物のあいだ』 福岡伸一 講談社現代新書 | トップページ | 『野の花さんぽ図鑑』 長谷川哲雄 築地書館 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ